今は友達以上恋人未満が楽でいい!しかし知っておくべきメリデメ&注意点

     2024/06/10   恋愛テクニック

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 5 分

今は友達以上恋人未満が楽でいい!しかし知っておくべきメリデメ&注意点

多様性の時代である昨今、あえて友達以上恋人未満な関係性を求める男女が増えているようです。

その理由は気楽にいまを充実させられるだけではなく、結果的にタイパよく相手を見極められることも関係しているのでしょう。

しかし、そうしたメリットがあれば、当然ながらデメリットも存在します。

また、実際に友達以上恋人未満の関係性を築ける相手を求めるのならば、平穏に継続させるため、さらには自身のリスク管理のため、注意すべきポイントを事前に理解しておいてください。

友達以上恋人未満の関係におけるメリット

お互いに同意のもと友達以上恋人未満の関係性を築く男女にとって、きっかけでもあり最たるメリットだと言えるのが気楽さです。

嫉妬・執着せず気楽

友達以上恋人未満とはいえ、相手に対して多少の嫉妬心を抱くこともあるでしょう。

しかし、現状の関係性が感情を抑えるリミッターとなります。

そのため感情的にもならず、嫉妬だけではなく執着や依存、またケンカやトラブルへ発展する可能性が低いのはメリットだと言えそうです。

つまり恋愛の良くも悪くも面倒な部分を排除した、いいとこどりのリアル疑似恋愛で日々を充実させられるということですね

相手の本質を知れる

友達以上恋人未満の関係性は、とかく恋人よりも内面や本質をさらけだす傾向が見受けられます。

つまり友達以上恋人未満な期間を挟むことによって、恋人未満から進展した際に、より深いレベルでの関係性を構築できる

ニュアンスとしては欧米の恋愛文化にある、「デーティング期間」に近いかもしれません。

デーティング期間とは、正式な恋人同士になる前に仮交際とのかたちで、互いを見極める期間です。

破綻したときのダメージが小さい

曖昧あいまいな関係であるがゆえに、気持ちが離れ疎遠になっても執着しにくく、精神的ダメージも少ないです。

また、「別に正式に付き合っていたわけじゃないし自分も楽しんでいたから」との、自分を追い込まないための口実を作れるのも、精神的ダメージを軽減できる理由と言えます。

正式な恋人同士なら、別れ間際となると修羅場やひと悶着は必至

それらに直面するリスクが低いのもメリットかもしれません

2000万人超のユーザーがお相手を探してる
国内最大級のマッチングサイトあなたに新しい出会いをお届け♪

友達以上恋人未満の関係で生じるデメリット

友達以上恋人未満の関係性で生じるデメリットは、総じてその後における自身の恋愛をこじらせる要因となるものが挙げられます。

恋愛迷子になりがち

恋愛迷子とは、恋愛になにを求めているのか見失ったり、恋愛の仕方がわからなくなったり、恋に臆病になってしまう状態を言います。

恋愛迷子をこじらせると、気が付けば10年恋人がいないなんてことはざらなので非常に危険

本質的に満たされない

プレッシャーもなく恋愛の楽しい面だけを得られはしますが、結局のところは恋人未満であり、責任を問わない疑似恋愛であるのは否めません。

互いに責任をともなわず精神的な一線も越えていない以上、真の理解はしあえないです

そのため、ふとしたときにモヤモヤを感じることもあるかもしれません

進展を意識したとき壁になりがち

友達以上恋人未満な状態は、お互いの感情バランスが崩れてしまうと簡単に破綻してしまう、もろい関係性です。

そのため進展を意識しても一歩を踏み出せずズルズルと時間だけが経過し、結果的に想いは実らずじまいなんてことが無きにしもあらず

友達以上恋人未満の関係性を続ける注意点

平穏に友達以上恋人未満の関係性を維持させるための共通したポイントは、関係性に適した距離感を見誤らないことです。

金銭的負担は平等にする

曖昧あいまいなのは友達以上恋人未満な状態だけで、おごるおごらないなどの金銭面に関してはなあなあにすべきではありません。

もちろん年齢差があれば話は別ですが、ただでさえ人間関係をこじらせる理由の上位でもあるわけですし、金銭的負担においては明確にさせておくべきです。

安易に将来の話をしない

他愛もない夢や願望の話なら問題はありません。

しかし、ふたりについての将来をイメージさせる具体的な話は、相手に圧や誤解を与え距離を置かれかねないので、話題の選択を見誤らないよう注意してください。

相手の交友関係に関与しない

曖昧あいまいな関係を打破したいとの願望がある場合、相手の交友関係に関与するのは作戦のひとつです。

なぜなら相手の友人による後ろ盾やお節介、または友人に紹介したことによって相手の気持ちに変化が生じることがあります。

つまり、それらを期待しないのならば、相手の交友関係には関与しないのがベストです。

なんにせよリスクがあるのは忘れずに

友達以上恋人未満な関係を求めたとき、相手が独身とはかぎりません。

むしろそうした関係性の場合、既婚者・恋人がいる人の割合が高いのが現実です。

当然ながら独身者と既婚者・恋人がいる人とでは、生じるリスクは雲泥の差だったりします。

このように友達以上恋人未満な関係は、メリットデメリットのほかリスクもあるのを忘れず意識しておくことが、平穏に維持させる最大のポイントです。

2000万人超のユーザーがお相手を探してる
国内最大級のマッチングサイトあなたに新しい出会いをお届け♪

【この記事を書いた人】

出会い業界に15年以上従事し、数多の恋愛・男女関係にまつわるコラムを執筆。

現在はPCMAXの中の人としライター業に勤しむ。

「大人な男女が繰り広げる恋愛の酸いも甘いも噛み分けた私の経験が、ささやかながらお役に立てば幸いです。」

ふたりの出会いはPCMAX。無料ではじめるマッチングサイト

この記事がお役に立ったなら、ぜひ次はあなたの出会いの場でご活用ください。

PCMAXでは、この記事が気になった方にピッタリな出会いのサービスをお試しいただけます。