春の犬山祭

     SNSから始まる出会い

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

春の訪れ
国宝犬山城の眼下を13両の山車(やまと読みます)がてこと呼ばれる男衆に曳かれて動く姿は、なかなかの見応えがあります。
江戸時代から伝わるこの犬山祭、
ユネスコ無形文化遺産に登録されて2年
毎年第一土曜、翌日曜に開催されますが、この2日間のうち、1日は必ずと言っていいくらい天気が崩れるのは、地元では知らない人はまずいないことでしょう(笑)
例年であれば、犬山城の周りの桜並木が花を咲かせ、春の訪れを満喫させてくれる演出に期待できるのですが、今年は残念ながら、桜の開花が早すぎましたね。
すでにほとんどの桜の木には、花が残っておらず、葉桜となってしまいました。
さらに、お隣の岐阜県、三重県の山間では、雪景色となるような寒さに見舞われ、観光に訪れた人々が、
寒い、寒い
と口々にしていたのは、せっかく春の訪れを楽しめるはずなのに
と、残念に思えます。
さて、この犬山祭でのみどころ
昼間は、山車が城下町を巡回し、市内3箇所に集結し、順番に犬山城直下の針綱神社(尾張国二ノ宮)にからくり人形の奉納を観覧できます。
そして、夜になると、幻想的な提灯の灯りに彩られた山車が各々の町に戻るため巡回する夜山車(よやま)は特にお薦めです。
どのくらいか前に、某ビール製造会社のテレビコマーシャルでご覧になられた方もおみえかと思いますが、その夜山車を観覧するにも、人だかりが山車の周りを取り囲んでしまうほど人気があります♪
今回は、そんな一駒をご覧いただければと撮影しました。
そして、なんと言っても一番の醍醐味は、山車の方向転換する様です
山車の片側の車輪を地面から浮かせて、地面に着いた側の車輪を軸にして方向転換するのです。
その方向転換の様を
どんでんと呼び、その迫力をどう表現して、お伝えできるのか?
と言葉をいくつか考えてみました。
が、表現力不足で言葉をみつけることができませんでした(笑)
とにかく、圧巻です。
しかも、どんでんを目の当たりにしようと、ものすごいほどの人だかりができます。見ることのできる場所や時間も限られてあますので、尚更のことですね。
そんな犬山祭も閉幕しました。
この犬山祭に限らず、祭文化の伝承、伝統を繋ぐ担い手の不足は日本各地の民族文化の課題でもあるのかな~と思えます。
実際にこの犬山祭でも山車に乗って、笛、太鼓の囃しをする子どもたちですら、山車を持つ町内からだけでは難しいらしいです。
春の訪れを告げる犬山祭は地元民に愛され続けて欲しいと思うのでした。

むらまさ
さん
地域:愛知県
職業:運送関係
身長:165cm
体型:普通
血液型:B型
星座:乙女座

日常の出来事や日々の想いなど、自由に書く事が出来ます。
日記を通しての交流で、新しい出会いが見つかります♪

ログインはこちらから

僕たちの出会いはPCMAX

関連記事

学生時代の思い出

写真は最近撮ったもので全く関係はないのですが 昔住んでいた土地で、通っていた高校までの道すがらに桜並木があったんですよ ゆるい登り坂なんですが、なにせ結構な距離があったので 投稿時には目覚まし代わりの運動がてら、体に活を入れるのにちょうどよかったんですが ママチャリだった当時でも帰り道には結構なスピードが出せまして ちょっとだけ家から遠かったので自転車でその並木道を駆け抜けていたんですが、桜の香り …

恋の思い出

今から2年前、 PCMAXさんで出会った 方と恋をしました。 その時、私は 社会人1年目で ブラック企業で働いていました。 仕事内容は想像していた物と異なり 職場の雰囲気は良い物とは言い難く、 パワーハラスメントを受けたりもして 正直、毎日が地獄でした。 毎朝毎朝、 会社へ向かうのが 本当に辛くて 周りには悩みを話せる人もいない為に 私の精神状態は 今にも正常なバランスを失おうとしていました。 意 …

恋を綴った手紙

5月は 恋の日 なんだ…知らなかった… 私の初恋ってどんな感じだったかな? 初恋はいつだったのかは覚えていないけれど、恋をしていた日々は覚えている。 思い出すのは中学生の頃。 私の中学校はとても田舎で、付近の5つの小学校の生徒が集まっても1学年で2クラスしかなかった。(成人式なんて小さい公民館で事足りるくらい) そんな小さく狭い地域だから、もうみんな昔からの顔見知りばっかりで。 そして、好きになっ …

6月と言えば…「ジューンブライド」にまつわるエピソードまとめ

目次誕生月ハードボイル・で・ウェディング 誕生月 毎年この時期になると、いつも梅雨入り(´д`|||) 雨が降ると、やる気を失ってしまいます。 せっかくの休みでも、外に出るのをためらってしまいません?! でも、環境的には雨が降らないと水が無くなったりで大変になるので適度に降るといいですよね! そろそろ夏本番を迎えるし、海へ行くために身体絞るぞー!と思ってても、結局何もせずで終わってしまうことも!? …

楓さんの日記画像
9月14日「セプテンバーバレンタイン」別れ話を切り出す日。みんなの失恋&別れ話まとめ

広くは知られてないかもしれませんが、9月14日は『セプテンバーバレンタイン』なんだそうです。深夜のラジオが発祥とされており、なんと「女性から別れ話を切り出してもよいとされる日。」なんですって!実際実行した人がいるかいないかは別として、今回のテーマはこの日にちなんで「失恋 or 別れ話」!見事にフラれたあの日、お別れを伝えたあの時。皆さんのちょっぴりホロ苦い思い出の数々をご紹介します。

桜を誰かと見ることの特別感

私は今まで、お花見 という行事があまり好きではありませんでした。 でも、昔から桜はすごく好きでした。 白っぽい薄いピンクの花がたくさん咲き、見る人みんなが嬉しくなったり心が踊る特別な木。 それなのに何故、お花見が好きではなかったというと、人が沢山いる中で座って飲んで食べて中身のない話をして、特に桜を見ずにダラダラと過ごす時間が何となく苦手だったからだと思います。 でも今年は、好きな人と2人でお花見 …

いよいよ梅雨入り。雨の日にまつわるみんなの思い出・エピソードまとめ

目次花の季節忘れないきっと雨が好きになる。 花の季節 花がピカピカしてきた 我が家の薔薇も、ここに移り住んでから一番の笑顔を覗かせた。 間もなく6月を迎える。草木が生き生きと力強さを見せ、見ている私も元気をもらえる。 さきほど、買い物から帰宅する際、子連れの母が我が家の薔薇を見ていた。足を止めて、赤ちゃんに話しかけるように時間をかけて優しく見つめていた。嬉しくなって近づいて挨拶をしようとすると、再 …

それはきっと初恋の色

学生時代の淡い色の恋 それはまるでパレットに滲む色彩のように鮮やかに そしてこの色鉛筆のように 微妙に違う様々な色で心の揺らぎが表現されるようで かっこいいなと思う男子は何人か居た ただそう思うだけで その男子とどうなりたいとかそんな感情を持つことは無くて せいぜい「好意」止まりだったように思う 初めて恋心を抱いたその彼は 小学5年の時に同じクラスになって意識し始めた 色黒でスポーツが出来て 明る …

梅雨に負けない!雨の日のお出かけエピソード&デートスポット

目次雨の日のデート雨の日デート 雨の日のデート 雨音を聞くと、遠い昔の記憶がじわっと湧いてくるのは何故だろう。 たとえば、雨の日の吉祥寺での悲しい思い出。 ネット予約開始3分後に取ったジブリ美術館のプラチナチケットで、久しぶりに会うことを決めた日。LINEのやりとりの文字は、はしゃいではいなかった。なんとなく気がついてはいたが、。 1ヶ月半後のその日を迎えることをとても憂鬱に感じながら、日々が過ぎ …

4月とは?

季節ネタ日記なんて出来たようで、 4月、最近の感じたネタでも… 桜 今年は、アッと言う間に満開になり、花見を楽しむ期間も短くなかったですか? 普段、花を楽しむ習慣を持ち合わせて無い私 桜だけは何故だか惹かれて… このシーズンだけは、ゆったりした時間に身を委ねるってしたくなってね 花見だからって、お酒飲んでワイワイってノリじゃなくてね 桜のトンネルをくぐりながら、ただただ歩く 歩いていると… 犬と散 …

無料会員登録
日本最大級の出会い系サイトPCMAXが、 出会いに繋がる多彩なコンテンツで あなたに新しい出会いをお届けします♪