葉桜

     2018/04/23   SNSから始まる出会い

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 3 分

近所のスーパーの脇には
桜の木が1本だけある

今はもう葉桜

仕事が終わったあとひとり
その桜の木の横を通りスーパーへ足を運ぶ

カゴを片手に店内を回っていると
見覚えのある顔の女性が居た

あ、同級生だった子だ
確か…名前は…うーん
彼女はカートに2歳にならないくらいの男の子を乗せて忙しなく買い物をしている

わたしには気付かないようなのでスルー

…顔は全然変わってないけど…
…やっぱり老けたなぁ
わたしもあの子と同じ歳なのか…

と、わたしを見て相手も思うのか。笑
20年も経てばそりゃ衰えもするだろうよ

相手の姿が、わたしの年齢の鏡なのだろう

でも
だからこそ
わたしは凛としていたい

いつもよりも背筋を伸ばしながら
商品を選び終えてレジへ

二つ先のレジには
あの同級生が子供の相手にてんやわんやしながら並んでいる

カートから降りた子供が抱っこしても落ち着かない

お願いだからじっとしてて
ねぇ、ちょっとだけだから
ほら、もうすぐだよ

彼女は元々大人しい子だったから
子供に投げ掛けられる言葉はどこか弱々しく健気に聞こえた

わたしが袋に商品を詰めていると、その子供がうろちょろと歩き出した
母親である同級生はまだレジに居る

もしヤツが外に出そうになったら、すぐに確保だ!!

脳内で柳葉敏郎が叫ぶ

いつでも確保できるように目を離さずに見ていると、わたしと同じ台にカートを押しながらいそいそと母親がやってきた

もう、お願いだから、ほら、座って!ちょっとだけだから…!

なんとかカートに座らせるも、落ち着かない様子の子供
袋詰めもままならない

…なんだよ
こんなに田舎なのに
こんなにおば様方はたくさんいるのに
世話好きなオバチャンは居ないのか
誰も彼女に声をかけてはくれないのか
それが恥ずかしいことなのか

世知辛い世の中だ

あんた方よりもわたしは
素敵なオバチャンになれる自信があるぞ

「あの、良ければお子さん見てますよ」

「えっ?」

「たぶん、同級生だから(てわけではないけど)」

「えっ!?」

「○○中学じゃなかった?」

「あ!あー!まふゆさん!?」

「凄い。名前覚えてたんだね」

「そのままだったから、顔見てすぐわかったよ!」

カートに座った子供がきょとんとしながらわたしの顔を見つめている

「ほら、今のうちに袋に詰めて~急がないでゆっくりで良いから」

「あ、うん!ありがとう…!」

「お兄ちゃん、ちゃんとお座りしてて偉いねぇ」

この人は誰なのだろうと不思議そうにわたしを見つめる子供。
そうだ。たぶん彼女の名前は…

「た、たしかミサキさんだよね…?」

「うん!そうだよー」

「良かった。間違ってなかった。笑」

「ふふふ」

レジに並んでる人達が
静かにその様子を眺めている

わたしはこんな風に子供に戸惑う母親に声をかけたのは初めてではない
知らない相手にも話しかけたことはある

周りが何をどう思っていたのかは知らん
自分が偉いとも思わん

でも少しでも
小さい子供が居る母親には
気遣いをしてほしい

ただ迷惑そうな顔をしているだけでは
その迷惑行為は終わらない

彼女にとってわたしはどう映ったのかわからないし余計なお世話だったかもしれない

でも一人くらい
こんなおばさんが居ても良いじゃない

帰り道

葉桜の麓に出来た花びらの絨毯の上を
ヒールで闊歩する

わたし達の成長期は過ぎた

わたし達はもう満開ではない

でもわたし達はまだ
枯れてはいない

まさにこの葉桜のように

次に芽吹いていく子の為に

どんな姿になろうと
此処に生きていく

まふゆ
さん
地域:千葉県
職業:受付嬢
身長:160cm
体型:普通
血液型:秘密
星座:蠍座

日常の出来事や日々の想いなど、自由に書く事が出来ます。
日記を通しての交流で、新しい出会いが見つかります♪

ログインはこちらから

ふたりの出会いはPCMAX。無料ではじめるマッチングサイト

関連記事

学生時代の思い出

写真は最近撮ったもので全く関係はないのですが 昔住んでいた土地で、通っていた高校までの道すがらに桜並木があったんですよ ゆるい登り坂なんですが、なにせ結構な距離があったので 投稿時には目覚まし代わりの運動がてら、体に活を入れるのにちょうどよかったんですが ママチャリだった当時でも帰り道には結構なスピードが出せまして ちょっとだけ家から遠かったので自転車でその並木道を駆け抜けていたんですが、桜の香り …

アイムさんの日記画像1
一年の始まりに聞いた、皆さんの「今年の目標」~出会い・恋愛編~

新しい年が始まりました。さて、今回は1年の始まりにふさわしいテーマをお届けします。 大手Q&Aサイトの集計では、「プロポーズ」についての質問と「別れ」に関する質問・相談が最も多かった季節が1月だったそうです。年の始まりとして、その年1年間について考える時期だからでしょうか。 という事で今回のテーマは、王道ですがやはり「今年の出会い・恋愛についての目標」を募集します! 具体的な事でも良いで …

それはきっと初恋の色

学生時代の淡い色の恋 それはまるでパレットに滲む色彩のように鮮やかに そしてこの色鉛筆のように 微妙に違う様々な色で心の揺らぎが表現されるようで かっこいいなと思う男子は何人か居た ただそう思うだけで その男子とどうなりたいとかそんな感情を持つことは無くて せいぜい「好意」止まりだったように思う 初めて恋心を抱いたその彼は 小学5年の時に同じクラスになって意識し始めた 色黒でスポーツが出来て 明る …

恋を綴った手紙

5月は 恋の日 なんだ…知らなかった… 私の初恋ってどんな感じだったかな? 初恋はいつだったのかは覚えていないけれど、恋をしていた日々は覚えている。 思い出すのは中学生の頃。 私の中学校はとても田舎で、付近の5つの小学校の生徒が集まっても1学年で2クラスしかなかった。(成人式なんて小さい公民館で事足りるくらい) そんな小さく狭い地域だから、もうみんな昔からの顔見知りばっかりで。 そして、好きになっ …

【5月の出会い】新緑・お祭り・登山、5月に関する話題

目次皐月出会いの祭で出会ってきたよ◎ 皐月 真っ先に思い浮かぶのは、GWだけど、あまり馴染みがない。 自分で好き勝手に休みを取れたら、わざわざ値段の上がる時期を選ぼうとは思わない。そして、期間中は、朝の通勤電車も快適だし、割り込み仕事も少ない。お盆と、GWは仕事するにはちょうどいい。 やはり、新緑だろうか。燃えるような新緑の中で、私は元気とやる気をもらっている。新緑の持つ力は不思議だ、なぜ緑の集合 …

3月は別れの季節。様々な「卒業」に関するエピソードまとめ

3月といえば別れの季節。 小さな頃から3月で卒業、4月で入学というサイクルの中で生活をしているせいか、そういった印象は強いのではないでしょうか。 という事で今回は王道の「卒業にまつわる思い出」を皆さんに募集しました。 「卒業」は学生時代に限った事ではなく、大人になっても様々な場面で経験するものです。 皆さんそれぞれの「卒業」にまつわる思い出をご紹介します。 目次卒業の季節人生を卒業するときに。しが …

西野さんの日記画像2枚目
夏本番!夏休みの過ごし方&おでかけにおすすめの場所

目次summer season!夏休みを過ごすなら、、、夏は、朝霧高原とフクロウを見に行こう~ summer season! お日様がギラギラしてきた! 日増しに力強くなってきた! 暑いのは辛いけど、楽しいことも沢山あるから、この季節はドキドキが止まりません(^o^) 夏と言えばキャンプ… 夏と言えば登山… 夏と言えばプール… 夏と言えば海… 夏と言えば虫捕り… 夏と言えば花火… 沢山ありすぎて今 …

恋の思い出

今から2年前、 PCMAXさんで出会った 方と恋をしました。 その時、私は 社会人1年目で ブラック企業で働いていました。 仕事内容は想像していた物と異なり 職場の雰囲気は良い物とは言い難く、 パワーハラスメントを受けたりもして 正直、毎日が地獄でした。 毎朝毎朝、 会社へ向かうのが 本当に辛くて 周りには悩みを話せる人もいない為に 私の精神状態は 今にも正常なバランスを失おうとしていました。 意 …

【ゴールデンウィーク】お出かけする?旅行、イベントみんなの過ごし方まとめ

目次色合いが綺麗なんだよね大分遠征お手伝いの日PCMAXでのGWと5月の想い出 色合いが綺麗なんだよね この時期、近場でも結構楽しめるスポットがあるから、つい足を運んでしまいます。 少し前でしたら、桜の綺麗な名所が近くにあるのですが、名所だけに混雑のレベルが半端無いです。 その代わり、穴場もありますが(^-^) ちょうど今でしたら、躑躅の名所が見頃?か、もしかしたらピーク過ぎてしまったのかも。 ひ …

ワインと共に春の訪れを感じたい

私、お酒には全く詳しくないけれど今、恋人と飲みたいお酒がこちらである。 ボトルがちょーーかわいい ちなみにこんなグラスがある。 春って別れと出会いの季節だから、ずっと一緒に仕事してきた人が異動になったり、新しい人が来たり、、、 新人さんは、研修研修の日々でまだ挨拶さえも来れていなかったり。 4月ってそこはかとなく寂しかったり、微かにでも感じてしまう期待感もあって華やかな月だと思う。そんな4月らしい …

無料会員登録
日本最大級の出会い系サイトPCMAXが、 出会いに繋がる多彩なコンテンツで あなたに新しい出会いをお届けします♪