それはきっと初恋の色

     SNSから始まる出会い

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 4 分

学生時代の淡い色の恋
それはまるでパレットに滲む色彩のように鮮やかに

そしてこの色鉛筆のように
微妙に違う様々な色で心の揺らぎが表現されるようで

かっこいいなと思う男子は何人か居た
ただそう思うだけで
その男子とどうなりたいとかそんな感情を持つことは無くて
せいぜい「好意」止まりだったように思う

初めて恋心を抱いたその彼は
小学5年の時に同じクラスになって意識し始めた

色黒でスポーツが出来て
明るくて笑顔が可愛くて
誰とでも仲良く会話が出来て

悔しいほどにわたしと正反対

色白でスポーツが不得意で
笑うのが苦手で
人付き合いはもっと苦手で
男子と話すのはそれに輪をかけて苦手で
自分のことが嫌いだった

ただ絵を描くのだけは好きで
漫画家になりたいなどと
恋よりも淡い幻想を抱いていて
ちょうど5年生の時に漫画雑誌に投稿し始めた

それを知ってか知らずか学級新聞に載せる4コマの漫画を描いてくれと先生に頼まれ
たかだか学級新聞なのにトーンを使って奥行きのある背景まで描いていた

凄い!上手い!漫画家になれるよ!

絵だけはみんなに誉めてもらえた

『まふゆさん、絵、上手だよね!良いな~』

机で絵を描いていると
ニコニコしながら机の脇に寄ってきた彼が
私の手元に目線を落とす

「あ、ありがとう…」

緊張で気の利いた返しも出来ない
心臓がおかしくなりそう
でも

嬉しい

『凄い!これ色鉛筆?小さ!何色あるの?』

「えーと…一つが25色だから…二つで50色くらい?かな」

『すごい!ねー。今度の理科の授業で使いたいなー。貸して?』

「えっ」

『ダメ?』

「い、いいけど…」

『やった!絵が上手い人の使うと上手く塗れる気がするー』

「いやいや…」

絵だけは
みんながわたしを認めてくれるツール

誰かと繋がれる、細い糸のような
儚くもでも確実に其処に在る

わたしの居場所はきっと
この紙切れの上

『オイ。何だその目は』

「……別に」

『喧嘩売ってんのか?あぁ?』

「……」

顔が近い
この男だけは誰よりも苦手。嫌い。
顔を合わせるといつも睨みながら絡んできて
しかも誰か必ず舎弟みたいに周りに居て

『お前生意気でムカつくんだよ。泣けよ。ほら』

「………」

周りはただにやけてるだけだったり
悪口で応戦してきたり

私も言い返したりもしたけども
人数には敵わなくて
最後はただ睨むしか出来なくて

クラスの男子の半分に囲まれて
目の前で筆箱が踏まれても
何も言えなくて
ただ睨むしか出来なくて

良かった

彼がここに居なくて
こんな無様な姿を見られなくて
本当に良かった

この男は
好意があるゆえにいじめているわけではない
本気で憎いという目で私を見ている
私はこんな男に敗けない

…あんたなんかに
私の涙を見せるか

『まふゆさん!色鉛筆貸して!』

理科室に移動している時に彼が話しかけてきた

「うん。じゃ…こっちで良い?使えそうな色入れといたから」

『良いよ!ありがと!』

彼と話せるのが嬉しい
ほんの少しでも関われる事が嬉しい
嫌な事があっても
それが吹き飛んでしまうほどに
私は彼の事が

『まふゆさん!色鉛筆ありがとう!』

「短くて使いにくくなかった?」

『全然大丈夫!それ何!?すげー!ってみんなに羨ましがられた!笑』

「ははは」

『…また次の理科の時、貸してもらえる?』

「いいよー」

『よし!じゃ、またね!』

彼が使った色鉛筆
人気者な彼が
私の事を…なんて大層な事は考えられない
でもただひとつの事実が嬉しい
嫌な人からわざわざ色鉛筆なんて借りはしない

私は彼からは嫌われては居ない

その事実だけがただ
私の頬を緩ませた

『まふゆさーん!』

「あ、はい!」

理科室に向かう階段の踊り場で
彼から名前を呼ばれた私は
催促される前に色鉛筆を差し出した

『お、ありがとう♪借りるね!』

少しだけ、はにかんだような笑顔を浮かべて
階段を颯爽と駆け登る

身軽だなぁ…
猿みたい

理科の授業中ふと
右斜め前の方向の机で勉強する彼に目をやると

私の小さな色鉛筆を握って真剣な眼差しで
植物の観察結果の紙に色を塗っている

前の席の男子が「いーなその色鉛筆。貸して!」と声を掛けている

彼は首を横に振りながら笑っていた

これ以上好きになったら
きっと私は苦しくなるのに
辛くなるのに
ただ少し絵が描けて
ただ少し珍しくて色が多い色鉛筆を持っているだけの女が
彼の周りに居るような
可愛くて明るくて愛嬌が溢れる女子に
敵うわけはないのに

それでもやっぱり
たった一瞬私にだけ向けられる言葉が
この笑顔が
嬉しくて嬉しくて

色鉛筆を理科の授業で使うのはあと1回。
あと1回だけど

これから少しずつ少しずつ
仲良くなれたら…

『おい。』

「え、なに…?」

『理科の時○○が使ってる色鉛筆って、アレもしかしてお前の?』

「そうだけど…」

『ふーーん…良いねアレ。俺にも貸してよ』

「え、でもあれは…」

『あれー?○○には貸せて俺には貸せないの?なに、アイツのこと好きなの?』

「違う…!」

この男には
この男にだけはバレちゃダメだ

『じゃー次は俺に貸してよ』

「でも…」

『あーやっぱりね~!ふーん』

「違……貸すから!」

『じゃ次は俺な。ヨロシクー』

「……」

なんで
なんでこの男は
わたしのたった一つの繋がりを

爽やかな水色を
ほのかに彩る桃色を
真っ黒に塗り潰して

そんなに私の事が憎いの……

『あ!いた!まふゆさん!』

「あ…」

『今日も貸してくれる?』

「…ごめん。今日は…」

『ダメなの?』

「●●君に、貸してって言われて…」

『えっ…』

「ごめんね…」

『いや、うん!大丈夫!わかったー』

本当はアイツになんて貸したくなかった!○○君に貸したかったんだよ!
なんて言えるわけもなくて

私の横を通りすぎ
階段を駆け上がる後ろ姿が少しだけ残念そうに見えて

どんなに暴言を吐かれても
どんなに睨まれてもすごまれても

揺らがなかった視界が揺れる
景色の色が滲む

たった一つの繋がりが
糸が切れたように

彼と話す事は殆ど無くなった

やっぱり儚かった
けども確実に其処に在った

ずっと引き出しの中に眠ってる

わたしの恋の色

 

まふゆ
さん
地域:千葉県
職業:受付嬢
身長:160cm
体型:普通
血液型:秘密
星座:蠍座

日常の出来事や日々の想いなど、自由に書く事が出来ます。
日記を通しての交流で、新しい出会いが見つかります♪

ログインはこちらから

僕たちの出会いはPCMAX

関連記事

春の犬山祭

春の訪れ 国宝犬山城の眼下を13両の山車(やまと読みます)がてこと呼ばれる男衆に曳かれて動く姿は、なかなかの見応えがあります。 江戸時代から伝わるこの犬山祭、 ユネスコ無形文化遺産に登録されて2年 毎年第一土曜、翌日曜に開催されますが、この2日間のうち、1日は必ずと言っていいくらい天気が崩れるのは、地元では知らない人はまずいないことでしょう(笑) 例年であれば、犬山城の周りの桜並木が花を咲かせ、春 …

ワインと共に春の訪れを感じたい

私、お酒には全く詳しくないけれど今、恋人と飲みたいお酒がこちらである。 ボトルがちょーーかわいい ちなみにこんなグラスがある。 春って別れと出会いの季節だから、ずっと一緒に仕事してきた人が異動になったり、新しい人が来たり、、、 新人さんは、研修研修の日々でまだ挨拶さえも来れていなかったり。 4月ってそこはかとなく寂しかったり、微かにでも感じてしまう期待感もあって華やかな月だと思う。そんな4月らしい …

桜、桜、サクラ、サクラ

この季節は主人が繁忙期で 長年、ずーっと満開の桜を見に行く、 という事はなかったなぁって。 当時は車の遠出も自分がするというのは 勇気がなく、あわてんぼうゆえに…。 やがて子供が大きくなると、部活のために 花の咲く季節も横目で見るだけになり。 やっと落ち着いて桜が見たい!と思ったのに! すっかりイベント事が続く中体調を崩して 満開を逃してしまった。 それでも桜は美しく咲いていてくれ、 残りの花弁を …

【5月の出会い】新緑・お祭り・登山、5月に関する話題

目次皐月出会いの祭で出会ってきたよ◎ 皐月 真っ先に思い浮かぶのは、GWだけど、あまり馴染みがない。 自分で好き勝手に休みを取れたら、わざわざ値段の上がる時期を選ぼうとは思わない。そして、期間中は、朝の通勤電車も快適だし、割り込み仕事も少ない。お盆と、GWは仕事するにはちょうどいい。 やはり、新緑だろうか。燃えるような新緑の中で、私は元気とやる気をもらっている。新緑の持つ力は不思議だ、なぜ緑の集合 …

【母の日】プレゼント渡した?母の日についての日記

目次五月ね…駿河湾の味覚母の日にフェイントの母の日 五月ね…駿河湾の味覚 決まって静岡県辺りへは、新蕎麦と秋映えと謂う林檎を求めて十一月に旅をする。 こちら兵庫で五月の海の幸と謂えば淡路島の生桜エビや生シラスが有名で此までは、態々五月に静岡県辺りへ行かなくてもと五月の行楽地にラインナップしなかった。 五月の海の幸なら淡路島産が鮮魚店の店先に並ぶからと。 しかしここ数年…旬の食材が店先を賑やかに彩る …

桜を誰かと見ることの特別感

私は今まで、お花見 という行事があまり好きではありませんでした。 でも、昔から桜はすごく好きでした。 白っぽい薄いピンクの花がたくさん咲き、見る人みんなが嬉しくなったり心が踊る特別な木。 それなのに何故、お花見が好きではなかったというと、人が沢山いる中で座って飲んで食べて中身のない話をして、特に桜を見ずにダラダラと過ごす時間が何となく苦手だったからだと思います。 でも今年は、好きな人と2人でお花見 …

西野さんの日記画像2枚目
夏本番!夏休みの過ごし方&おでかけにおすすめの場所

目次summer season!夏休みを過ごすなら、、、夏は、朝霧高原とフクロウを見に行こう~ summer season! お日様がギラギラしてきた! 日増しに力強くなってきた! 暑いのは辛いけど、楽しいことも沢山あるから、この季節はドキドキが止まりません(^o^) 夏と言えばキャンプ… 夏と言えば登山… 夏と言えばプール… 夏と言えば海… 夏と言えば虫捕り… 夏と言えば花火… 沢山ありすぎて今 …

eyesさんの日記
夏の恋にまつわるエピソード・思い出まとめ

目次最高にときめいた夏夏の恋大好きな人と嫌いな夏 最高にときめいた夏 「なんて素敵な人なんだろう」それが彼に対する第一印象だった。 端正なキリっとした顔立ち こんなにハンサムな人を見たのは初めてかも… 見とれてしまった。 彼氏がいなかったら恋をしてしまっていたかもしれない。 前々から「兄はかっこ良い」「よく逆ナンされる」とか聞いていたし写真も見せてもらっていたけど実物の方が衝撃的に素敵だった。 そ …

マーチさんの日記画像1
夏の恋にまつわるエピソード・思い出まとめ 2

目次高校時代の淡い思い出(//∇//)浴衣パーティー海に行った 高校時代の淡い思い出(//∇//) 甲子園真っ只中ですね(≧∀≦) 私が高校生の頃、付き合ってた彼は、 野球部のエース(≧∀≦) 私は一応、バレー部のエース(≧∀≦) エース同士お似合いだね!なんて言われながら、彼の部活終わりを待って一緒に帰ってた、夏を思い出します(≧∀≦) 付き合っていたのは、2年生の時だけで、お別れをしてしまった …

【5月1日”恋の日””青春の日”】みんなの思い出まとめ

目次「青春、恋の日」青春の日5月の中高生 青春は雲の中に 「青春、恋の日」 青春だってー!懐かしいなぁー! 私にとっての青春の日、恋の日は高校の時だなぁ。 初めて女の子を本気で好きになった日が5月くらいだったと思う… その子はすごく可愛くて、細くて、清楚で、恥ずかしがり屋で、誰よりも制服が似合う子だったんだよね。 最初は憧れから来る好意だと思ってたんだけど、だんだん違うって分かってきたのよ。 いつ …

無料会員登録
日本最大級の出会い系サイトPCMAXが、 出会いに繋がる多彩なコンテンツで あなたに新しい出会いをお届けします♪