【5月の出会い】新緑・お祭り・登山、5月に関する話題

     SNSから始まる出会い

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 5 分

皐月

真っ先に思い浮かぶのは、GWだけど、あまり馴染みがない。

自分で好き勝手に休みを取れたら、わざわざ値段の上がる時期を選ぼうとは思わない。そして、期間中は、朝の通勤電車も快適だし、割り込み仕事も少ない。お盆と、GWは仕事するにはちょうどいい。

やはり、新緑だろうか。燃えるような新緑の中で、私は元気とやる気をもらっている。新緑の持つ力は不思議だ、なぜ緑の集合体である、あの深い緑にそれ以上の何かを感じるのか。

さらに、新緑の包み込む力は、海のそれと同じぐらい雄大だ。太陽を浴びながら、風でそよぐ木々の中にあれば、日々からは解放される。心も、束の間の安堵を得られる。

日常で、ビルに囲まれていると、高いところに居ると、上から見下ろしたくなる衝動に駆られる。心の隅で、下を見下す気持ちを抱いている。実際、そのような気持ちを持ってしまっている。本能的な部分ではあるんだろうが、抑えられない衝動でもある。そして、人は疲弊していく。

でも、新緑は、そんな淀んだ気持ちを綺麗にしてくれる気がする。競い、争うことがバカバカしく思えてくる。みんな一緒だよ、と諭してくれているような。

だから、新緑が好きだ。

そして、五月は、すぐに訪れる雨季の前に、太陽と話をする絶好の機会だ。紫外線のことを忘れれば、この時期の太陽は、人生最良の伴侶とも錯覚してしまう。

新緑の中で太陽と戯れれば、私が特別な生き物でないことを思い出せるし、それ自体に何の違いもないことを気が付かせてくれる。

最後に、日本人として最も馴染みが深いのは、田植えだろうか。東京23区に居ると何もわからないが、ちょっと郊外に出れば、田んぼに水がはられている。

私は、早苗が、稲となり、稲穂をつける過程がとても好きだ。そして、田んぼで繰り広げられる動物たちの営みも好きだ。夏の夜の蛙の大合唱は、脳裏に焼き付いて離れない。

私が少年だった時、私はよく田んぼでオタマジャクシの成長を観察していた。彼らの自由なようで、自由ではない、でも、水の中を自由に泳ぎ回るオタマジャクシに、不自由を見て取れなかった。そこには、自由があった。

今でも時折、オタマジャクシを見る。彼らの限られた枠の中で、必死に生きる姿に、自分を重ねながら

私の五月の連想から導き出されたものは、新緑、太陽、そして、田んぼだった。私にとっての五月は、自然からインスピレーションを得たものばかりだった。

たまには、こんな風に自分と遊んでみるのも楽しい。

した
さん
地域:東京都
職業:IT関係
身長:179cm
体型:普通
血液型:A型
星座:牡羊座

出会いの祭で

多くの人が集まる祭は、昔から出会いの場でもありました。

千早振る神のしるしと頼むかな
思ひもかけぬけふの葵を

(新後拾遺和歌集 恋 中納言定頼)

意味 :
これこそ神のご利益だと信じましょう
思いがけず今日があなたと逢う日になったことを

葵(あふひ)を「逢ふ日」と掛けた恋の歌。

藤原定頼が、祭で出会った女性に対して、このような歌を、葵の枝につけて贈ったそうです。

祭で初めて出会ったのか、以前から知り合いだったのかは、恋多き貴公子であった定頼のことなので、わからないようですが。

昔も今も、男女は出会いを求めるもの。

京都三大祭りのひとつ、葵祭。

「宮崎あおい祭」

違います

「葵わかな祭」

漢字は合ってます

「半分、青い祭」

朝ドラから離れてください

冗談はさておき

葵祭です。

毎年、5月の15日に実施されるこの祭。
平安貴族に扮した行列が、京都御所を出発し、下鴨神社を経由しながら、上賀茂神社へと向かいます。

様々な装束を身につけた方々が、ただひたすら歩いていくという、ある意味京都らしい祭。

この三大祭。他には、祇園祭、時代祭がありますが、どちらもやはり、歩きます。

日付に合わせるため、平日に行われることも多いのですが、それにもかかわらず、観光客も大勢訪れ、街は賑わいます。

祇園祭に至っては、祭のハイライトでもある、山鉾巡行までの数日間、毎日数十万人の人出があり、中心部となる四条烏丸界隈は、身動きのとれないくらいの混雑ぶり。

その中に、たくさんの男女が出会いを求め、たくさんの出会いが生まれるのしょう。

昔も今も、何ら変わることはないのです。

この祭の時期になると、僕は思い出すのです。

新緑がより一層深みを増した下鴨神社で

まだ見ぬあなたのことを思い

これから起こる出来事の平穏を願いながら

あなたに渡すお揃いの

フタバアオイを象ったお守りを

手に取ったあの時のことを

恋愛成就を願い

あなたはピンクの

僕は緑の

そのお守り

あのお守りを、あなたはまだ持ってくれてるのだろうか。

あれから一年が経ちました。

また、緑が深く、深く、街を彩り始めてます。

僕は

相変わらずです。

何も変わってはいません。

今年も葵祭がやってきます。

出会いを求める男女にとっての
「逢ふ日」となることを願いながら。

ソラ
さん
地域:京都府
職業:秘密
身長:162cm
体型:スリム
血液型:O型
星座:射手座

出会ってきたよ◎

サイトで出会った方と
山登りしてきました◎

ずっと元彼と登ってたんやけど
別れてからは、登る回数が
少なくなってしまって

でも1人で登るのは
ちょっとコワイな~と思って
サイトの掲示板で募集してみました

山登りとかお返事なさそうかなと
ダメ元で募集したのに
すごくたくさんお返事を頂いて
縁あってとある方とやりとり

私はブランクがあるので
いきなりハードな山登りは厳しいかも、、
とお伝えしたら

私の家から行きやすいコースを
3つもご提案頂いて

その中から京都の主要観光地を
巡れるコースを選ばせて頂きました◎

当日、ドキドキの待ち合わせ!

普通待ち合わせって
男性だと仕事終わりでスーツだったりで
どの方か分からない事が多いのですが

観光地に山登りスタイルなので
お互いひとめですぐ分かった笑笑

まずは有名な伏見稲荷大社の千本鳥居を
潜りながらポツポツお話し

お食事しながらの対面じゃなくて
景色見ながらなので
人見知りの私も自然とお話しできました◎

メッセージでやりとりしてたときと
同じ印象で優しそうな方で良かった笑

鳥居を登りきったらそのまま山の中へ

コースは綺麗な自然の山の中を歩いたり
清水寺がある清水山~南禅寺水路閣を見に寄り道して~大文字山の火を炊く場所を見てそのまま銀閣寺の方へ下山しました。

山登りながら京都観光もできたし
有名な大文字山の「大」って火を燃やす場所にも立ててめちゃくちゃ感動!

5月の爽やかな気持ちいい風と
ポカポカいい天気で
めっちゃ山登り日和やったし

選んで頂いたコースも
永遠に厳しい登りじゃなくて
適度なアップダウンに

いつでもリタイアできるコースで

リハビリにはすごい良い
山登りになりました◎

ブランクがあるのでぜえぜえ言って
だんだんペースが落ちる私にも
優しく待って頂いたから
しっかり登りきれた気がする笑笑

下山して食べたアイスが
めちゃくちゃ美味しかった~

その後も、昭和レトロ好きの私が
大興奮するくらいカワイイ!

昭和カワイイ銭湯で汗を流して、
京都のおばんざいが美味しい
ご飯屋さんさんで打ち上げ!

山登って銭湯入ったあとの
ビールってほんま美味しい笑笑

そこでもサイト内のことや
お互いどんな出会いしてたかなど
赤裸々にお話しできて

散々歩いたのに
爽やかな風が吹く鴨川沿いを歩いて
たくさんお話ししながら
そのまま京都駅まで歩いた笑笑

どんなけ歩くねんってね笑笑

伏見稲荷大社から銀閣寺まで歩いて
JR京都駅までって徒歩圏内なのね、
知らなかった笑笑

次回は今回の続きで
銀閣寺~比叡山登って
おススメして頂いた温泉に行こうと
約束してお別れしてきました

すごく爽やかな出会いをして
めちゃくちゃ楽しい1日になりました◎
ほんまめっちゃ楽しかった~

けど翌日、
めちゃくちゃ足筋肉痛なった笑笑

次回も楽しみです◎

すう
さん
地域:兵庫県
職業:秘密
身長:165cm
体型:スリム
血液型:秘密
星座:獅子座

日常の出来事や日々の想いなど、自由に書く事が出来ます。
日記を通しての交流で、新しい出会いが見つかります♪

ログインはこちらから

僕たちの出会いはPCMAX

関連記事

みきてぃさんの日記画像
“ひと夏の恋”ちょっぴり切ない夏の思い出。恋バナまとめ

目次ある夏祭りの思い出です。甘酸っぱい花火の記憶水曜の昼、午後3時 ある夏祭りの思い出です。 もぅカレコレ5年以上前の話になります。 友達3人で地元の夏祭りに行った時、私ゎぁる男性と出会いました。 その男性ゎお祭りの露天商…つまり的屋さんでした。 何気なくその的屋さんが気になり、友達と足を止めました。 そこにゎ昔ながらのゲームが並んでおり、子供たちが必死になって遊んでいました。 お酒に酔っていた私 …

ワインと共に春の訪れを感じたい

私、お酒には全く詳しくないけれど今、恋人と飲みたいお酒がこちらである。 ボトルがちょーーかわいい ちなみにこんなグラスがある。 春って別れと出会いの季節だから、ずっと一緒に仕事してきた人が異動になったり、新しい人が来たり、、、 新人さんは、研修研修の日々でまだ挨拶さえも来れていなかったり。 4月ってそこはかとなく寂しかったり、微かにでも感じてしまう期待感もあって華やかな月だと思う。そんな4月らしい …

桜を誰かと見ることの特別感

私は今まで、お花見 という行事があまり好きではありませんでした。 でも、昔から桜はすごく好きでした。 白っぽい薄いピンクの花がたくさん咲き、見る人みんなが嬉しくなったり心が踊る特別な木。 それなのに何故、お花見が好きではなかったというと、人が沢山いる中で座って飲んで食べて中身のない話をして、特に桜を見ずにダラダラと過ごす時間が何となく苦手だったからだと思います。 でも今年は、好きな人と2人でお花見 …

桜の季節

春、それは出会いの季節。 なんて使いふるされた表現ではあるが、 気候が暖かくなり 花が咲き溢れて 大地を鮮やかに彩る様を見れば やはり自然と、新たな出会いに胸が浮き立ってしまうのが人の性である。 さて、春に相応しい素敵な出会いが先日、 このサイトにてありました。 お相手は、近くの地域に住む紳士的な男性。 サイトメールのやり取りから交流させて頂き お互いに盛り上がったために、直接連絡先も交換して仲良 …

あいさんの日記画像
夏が来れば思い出す…。それぞれの「夏の思い出」あれこれ

目次■ 大好きだったはずなのに■ 恋の始まりの日■「良い旅を」と誰もが言った・・■ 夏といえば ■ 大好きだったはずなのに 7月に入ったばかりなのに既に夏バテ気味です。。 毎月月初にスタッフ・関係者に向けて手紙を書くのですが… 先月は29日朝に書き上げたのに、当日昼にはまさかの梅雨明け宣言(笑) 急いで一部内容を差し替えましたよ。 そんなこんなで早くも真夏なワケですが… いつから夏が嫌いになったの …

4月とは?

季節ネタ日記なんて出来たようで、 4月、最近の感じたネタでも… 桜 今年は、アッと言う間に満開になり、花見を楽しむ期間も短くなかったですか? 普段、花を楽しむ習慣を持ち合わせて無い私 桜だけは何故だか惹かれて… このシーズンだけは、ゆったりした時間に身を委ねるってしたくなってね 花見だからって、お酒飲んでワイワイってノリじゃなくてね 桜のトンネルをくぐりながら、ただただ歩く 歩いていると… 犬と散 …

お花見デート

先週末お花見デートしてきました♪ 今年は桜の開花が例年よりもだいぶ早いみたいで、お花見というと私のなかでは大体4月の初めから中頃とかにかけてするようなイメージなんですが、今回は3月の終わり頃ということでわりと珍しいほうかなって思います。 で、そのお相手は、このサイトで知り合った大好きなお気に入りちゃんです♪(^^) とてもお忙しい方なので、なかなか都合があわなかったりするんですが、うまく調整してく …

マーチさんの日記画像1
夏の恋にまつわるエピソード・思い出まとめ 2

目次高校時代の淡い思い出(//∇//)浴衣パーティー海に行った 高校時代の淡い思い出(//∇//) 甲子園真っ只中ですね(≧∀≦) 私が高校生の頃、付き合ってた彼は、 野球部のエース(≧∀≦) 私は一応、バレー部のエース(≧∀≦) エース同士お似合いだね!なんて言われながら、彼の部活終わりを待って一緒に帰ってた、夏を思い出します(≧∀≦) 付き合っていたのは、2年生の時だけで、お別れをしてしまった …

楓さんの日記画像
9月14日「セプテンバーバレンタイン」別れ話を切り出す日。みんなの失恋&別れ話まとめ

広くは知られてないかもしれませんが、9月14日は『セプテンバーバレンタイン』なんだそうです。深夜のラジオが発祥とされており、なんと「女性から別れ話を切り出してもよいとされる日。」なんですって!実際実行した人がいるかいないかは別として、今回のテーマはこの日にちなんで「失恋 or 別れ話」!見事にフラれたあの日、お別れを伝えたあの時。皆さんのちょっぴりホロ苦い思い出の数々をご紹介します。

それはきっと初恋の色

学生時代の淡い色の恋 それはまるでパレットに滲む色彩のように鮮やかに そしてこの色鉛筆のように 微妙に違う様々な色で心の揺らぎが表現されるようで かっこいいなと思う男子は何人か居た ただそう思うだけで その男子とどうなりたいとかそんな感情を持つことは無くて せいぜい「好意」止まりだったように思う 初めて恋心を抱いたその彼は 小学5年の時に同じクラスになって意識し始めた 色黒でスポーツが出来て 明る …

無料会員登録
日本最大級の出会い系サイトPCMAXが、 出会いに繋がる多彩なコンテンツで あなたに新しい出会いをお届けします♪