【母の日】プレゼント渡した?母の日についての日記

     SNSから始まる出会い

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 5 分

五月ね…駿河湾の味覚

決まって静岡県辺りへは、新蕎麦と秋映えと謂う林檎を求めて十一月に旅をする。

こちら兵庫で五月の海の幸と謂えば淡路島の生桜エビや生シラスが有名で此までは、態々五月に静岡県辺りへ行かなくてもと五月の行楽地にラインナップしなかった。

五月の海の幸なら淡路島産が鮮魚店の店先に並ぶからと。

しかしここ数年…旬の食材が店先を賑やかに彩る光景を見ていない気がする。

そうか…ネットショッピングの利用者層増加が一つに関わっているのかも…と。

で私もネットで駿河湾の桜エビを購入しました。

スマホでポチポチするだけで簡単オーダー完了し速やかに自宅玄関まで届いた。

これは合理的…と、自分の買い出しに費やす時間を考えると送料なんてタダと等しい。

が云々、何かが足りない…そう思いながら桜エビのかき揚げを作り、また何か一味足りない。

それは何かと思い巡らせると。祖父母と共に商店街へ買い出しをしたワンシーンがフラッシュバックした。

かれこれ四十年程前の記憶で有ろうか。

当時の商店街の賑わいとは、まるで異文化交流の場かと見紛うかのように、大戦後復興し、豊かに成り行く様々な階級の客らでごった返していたように今は想う。

今の私には、正しくセピア色なノスタルジーである。

そう。そのセピア色の色彩が足りなかったのだと痛感した。

そうして久しく桜エビのかき揚げ弁当を作ってみる。

四十年前には、普段は家人達に指揮監督するだけの祖母が、私の行楽弁当を拵えてくれた記憶を頼りに。

たしか…この様な弁当であった筈ですが…当時態々写真を撮る事もなく、記憶だけが手懸かりです。

そんなこんなに耽って居ますと、ふと自分の齢に気が付き「あれ…お祖母様の、あの当時の齢って今の私とさほど変わらない…」

私は祖母程美味しい桜エビのかき揚げを作れているのか…?

愛しい孫の為にと、手塩で握るふっくらとしたネギ味噌おむすびや、寒さを堪えた五月の桜エビの味覚。

人は決して満腹に為ることだけを望んではいない。

感情が満たされる事を切に願っているので有ろうか。

そう追憶してみますと生前の祖母は…

『口から出すにしても、口に入れるにしても、嗜みなさいませね」と申しておりました。

口から出す嗜みとは言霊、口に入れるとは食べ物でしょうか。

今の私を支えて下っさた四十五年の計に御座います。

皆様におかれましても言祝ぎな母の日をお迎え下さいませ。

さくら
さん
地域: 兵庫県
職業: 秘密
身長: 153cm
体型: 激ぽちゃ
血液型: AB型
星座: 獅子座

母の日に

こんにちは。

母の日ですね。

せっかくの日曜で母の日ですが、凄い雨ですね。。

もう、15年程前に他界した母ですが、父母共に毎日仏壇に手を合わせて話掛けております。

最後の方は呆けてしまいましたが、とても賢くしっかりした母でした。

一番印象的な思い出は、病気の時に大柄な幼稚園児だった私を背中におぶって離れた病院に連れて行ってくれた時の母の背中の感触と温もり。今でも、はっきりと覚えています。

更に遡って、こちらは大きくなって聞いた事ですが、私が三つの時に腸チフスにかかった時に便が硬くなり、用を足す際に痔にならない様に肛門の周りを抑えてくれた事。

おかげで、痔にならずに済みました。感染の怖さも恐れずに。本当に感謝しかありません。

家事全般は勿論、山の様にこなし、パートに働きにも出て、休む事も無く家族の面倒をみてくれました。

買い物も、今と違って、車やバイクも無く、買い物カゴを提げて、3km以上離れた市場に歩いて行ってました。特価の販売とかがあったので。私も荷物持ちの手伝いで付いて行きました。

買い物の最後に、肉屋さんの揚げたてのコロッケを一つ買ってもらうのが楽しみでした。
お母さん、美味しかったですよ。

母の日って、子供の頃には余り知らなかったです。
中高生になった頃に意識しましたが、特に何もせずじまいが多かったかな。

何が良いかな?って聞いた事があったのですが、
「お手伝いをして欲しい」と言われた。それで洗い物の手伝いをした事がありました。
でも、大した手伝いになって無かったと思います。

兄弟3人の男家庭だったので、母は女の子が欲しかったと言ってたのを覚えています。その時は聞き流してましたが、今となってはそれが良く分かります。大変だったと思います。家事も育児も仕事も誰に相談も出来ずに一人で頑張っていた様に思います。

お母さん、本当に感謝してます。ありがとうございました。。

母に一度カーネーションの花を買ってあげた事があります。小さな束ですが、ニコニコしてそれをみていましたよ。

もっとちょくちょく花を買ってあげれば良かったなぁ。。

今日、カーネーションを買いました。白でなくて、赤ですがお母さん、良いですよね。^ ^

お母さんいつまでも私のそばにいて下さい。

雨で家の中にずっといるので、余計に、母が身近に感じられます。。

お母さん、カーネーションをどうぞ。

金太郎マック
さん
地域: 大阪府
職業: 運送関係
身長: 173cm
体型: 普通
血液型: A型
星座: 乙女座

フェイントの母の日

私には三人のお母さんがいる。
先日それを恋人に話したら、大爆笑されてしまった。

実は私、毎年三人の母にカーネーションを贈っている。
そう、母が三人と言うことは私にとって、

は、大散財スペシャルdayである。

三人のうち二人のお母さんには、実の娘さんがいる。一人は東京にいて会えない。もう一人は近所に暮らしていても、生活がキツキツの為花等をプレゼントしたことがないと言う。そして、三人目の母は私の実母である。

三人のうち二人の母には、フェイントでGW中にカーネーションを送った。東京に娘さんをお嫁に出したその母は、まるで私を東京から帰ってきた娘さんのように迎えてくれた。今年始めに大きな手術をし、痩せてしまった母に『今年もありがとう。早く元気になってね。』と伝えることができた。

二人目の母の家に私は、その足で向かった。彼女と仲良くなったきっかけは、『ハイビスカス』であった。私は珍しいハイビスカスを沢山持っていて、その枝を切ると彼女に渡した。
『案外簡単につくので、刺してみて』
真夏に咲いた日本では、あまり見かけない種類のハイビスカスをきっかけに私たちは仲良くなった。
勿論、ハイビスカスだけではなく他にも好む花が同じで私は新種、彼女はノーマルの草花を愛していた。

だから、いつも
『こんなヤマトナデシコみたことないでしょう?勝手に増やしてみたのですが、ひと鉢いかがですか?』
という感じになる。
お互いの庭は、ノーマルと改良品種が入り混じった異質なガーデニングとなっている。
そんなお母さんだからこそ、カーネーション選びも珍しい品種を探す事となる。
二人目の母にも、不器用ながら感謝を伝えた。

問題は、実の母である。植木は、枯らすものだと考えている。よって、実母が一番安いノーマルなカーネーションとなる。

嬉しい顔はせず、一言二言嫌味を言い今年は、
『その花180円くらい?』
と聞かれてしまった。

惜しい!240円!

その240円はこちら(爆)

240円に見えない母の日ギフトにしたのだが、実母にはバレバレっていうことが可笑しい。

さすがは、私を産んだ人である!

実母よ、今年も安物でごめんなさい。
安いから、今年も安心して枯らしてね。

でも、なんでピンクなの?

そうそう。私は、毎年この5月13日以降が忙しい。

『母の日に娘にもらった蘭鉢が、枯れそうで娘が遊びにくるのよ!』
『母の日のカーネーションが枯れそうなの。枯れそうな時に限って、名古屋から帰って来ちゃうのよ。』
そんな悩めるよその母達の為に、いろんな色のカーネーションを庭で育てている。

ってことは?
今年はピンクが途絶えてしまい、このギフトから茎をいくつか拝借してよその母のちゃんと維持し、大切にしていますよの植え替えに使う為である。

カーネーションはダメになる時は、あっと言う間である。

カーネーションだけは、品種が増えると困るのである。一年を通して刺して増やして維持していくのだが、維持していく側は、本当に大変である。

枯らしても、実の娘は怒りはしないのだが、、、(笑)
今年も、頑張ろ。

JENNI LYNN
さん
地域: 静岡県
職業: 先生
身長: 155cm
体型: 普通
血液型: 秘密
星座: 水瓶座

日常の出来事や日々の想いなど、自由に書く事が出来ます。
日記を通しての交流で、新しい出会いが見つかります♪

ログインはこちらから

僕たちの出会いはPCMAX

関連記事

【5月1日”恋の日””青春の日”】みんなの思い出まとめ

目次「青春、恋の日」青春の日5月の中高生 青春は雲の中に 「青春、恋の日」 青春だってー!懐かしいなぁー! 私にとっての青春の日、恋の日は高校の時だなぁ。 初めて女の子を本気で好きになった日が5月くらいだったと思う… その子はすごく可愛くて、細くて、清楚で、恥ずかしがり屋で、誰よりも制服が似合う子だったんだよね。 最初は憧れから来る好意だと思ってたんだけど、だんだん違うって分かってきたのよ。 いつ …

葉桜

近所のスーパーの脇には 桜の木が1本だけある 今はもう葉桜 仕事が終わったあとひとり その桜の木の横を通りスーパーへ足を運ぶ カゴを片手に店内を回っていると 見覚えのある顔の女性が居た あ、同級生だった子だ 確か…名前は…うーん 彼女はカートに2歳にならないくらいの男の子を乗せて忙しなく買い物をしている わたしには気付かないようなのでスルー …顔は全然変わってないけど… …やっぱり老けたなぁ わた …

初恋は、沢口靖子似の18歳

もう、30年以上昔の事です…。 20歳で自営業を始めた私でしたが、女性に関しては奥手で彼女すら居ませんでした。 商売が軌道に乗った、3年経った頃… 23歳の私は自宅を購入し、高級スポーツカーを乗り回していたのです。 しかしながら、相変わらず彼女は居らず味気無い日々を過ごしていました。 そんな、休みのある日… 1人ドライブをしていた私は、昼を過ぎた事もあり、とある食堂に立ち寄ったのです。 その店は食 …

桜の季節

春、それは出会いの季節。 なんて使いふるされた表現ではあるが、 気候が暖かくなり 花が咲き溢れて 大地を鮮やかに彩る様を見れば やはり自然と、新たな出会いに胸が浮き立ってしまうのが人の性である。 さて、春に相応しい素敵な出会いが先日、 このサイトにてありました。 お相手は、近くの地域に住む紳士的な男性。 サイトメールのやり取りから交流させて頂き お互いに盛り上がったために、直接連絡先も交換して仲良 …

桜を誰かと見ることの特別感

私は今まで、お花見 という行事があまり好きではありませんでした。 でも、昔から桜はすごく好きでした。 白っぽい薄いピンクの花がたくさん咲き、見る人みんなが嬉しくなったり心が踊る特別な木。 それなのに何故、お花見が好きではなかったというと、人が沢山いる中で座って飲んで食べて中身のない話をして、特に桜を見ずにダラダラと過ごす時間が何となく苦手だったからだと思います。 でも今年は、好きな人と2人でお花見 …

あいさんの日記画像
夏が来れば思い出す…。それぞれの「夏の思い出」あれこれ

目次■ 大好きだったはずなのに■ 恋の始まりの日■「良い旅を」と誰もが言った・・■ 夏といえば ■ 大好きだったはずなのに 7月に入ったばかりなのに既に夏バテ気味です。。 毎月月初にスタッフ・関係者に向けて手紙を書くのですが… 先月は29日朝に書き上げたのに、当日昼にはまさかの梅雨明け宣言(笑) 急いで一部内容を差し替えましたよ。 そんなこんなで早くも真夏なワケですが… いつから夏が嫌いになったの …

恋の思い出

今から2年前、 PCMAXさんで出会った 方と恋をしました。 その時、私は 社会人1年目で ブラック企業で働いていました。 仕事内容は想像していた物と異なり 職場の雰囲気は良い物とは言い難く、 パワーハラスメントを受けたりもして 正直、毎日が地獄でした。 毎朝毎朝、 会社へ向かうのが 本当に辛くて 周りには悩みを話せる人もいない為に 私の精神状態は 今にも正常なバランスを失おうとしていました。 意 …

お花見デート

先週末お花見デートしてきました♪ 今年は桜の開花が例年よりもだいぶ早いみたいで、お花見というと私のなかでは大体4月の初めから中頃とかにかけてするようなイメージなんですが、今回は3月の終わり頃ということでわりと珍しいほうかなって思います。 で、そのお相手は、このサイトで知り合った大好きなお気に入りちゃんです♪(^^) とてもお忙しい方なので、なかなか都合があわなかったりするんですが、うまく調整してく …

【5月の出会い】新緑・お祭り・登山、5月に関する話題

目次皐月出会いの祭で出会ってきたよ◎ 皐月 真っ先に思い浮かぶのは、GWだけど、あまり馴染みがない。 自分で好き勝手に休みを取れたら、わざわざ値段の上がる時期を選ぼうとは思わない。そして、期間中は、朝の通勤電車も快適だし、割り込み仕事も少ない。お盆と、GWは仕事するにはちょうどいい。 やはり、新緑だろうか。燃えるような新緑の中で、私は元気とやる気をもらっている。新緑の持つ力は不思議だ、なぜ緑の集合 …

恋を綴った手紙

5月は 恋の日 なんだ…知らなかった… 私の初恋ってどんな感じだったかな? 初恋はいつだったのかは覚えていないけれど、恋をしていた日々は覚えている。 思い出すのは中学生の頃。 私の中学校はとても田舎で、付近の5つの小学校の生徒が集まっても1学年で2クラスしかなかった。(成人式なんて小さい公民館で事足りるくらい) そんな小さく狭い地域だから、もうみんな昔からの顔見知りばっかりで。 そして、好きになっ …

無料会員登録
日本最大級の出会い系サイトPCMAXが、 出会いに繋がる多彩なコンテンツで あなたに新しい出会いをお届けします♪