tamioさんの4月14日の日記『静岡の煮干!』

静岡の煮干!

2018/4/14 tamio(46歳) 大阪府
昨日合計6店巡ってきた

茶畑で仕事をする農家で朝からラーメン食べてたってところから、朝7時時から開く店もある関西にはない朝ラー文化のある静岡!(らしい)

香川のうどんによく似てるね!

朝から煮干を扱う店も数店あって、これは茨城や青森と共に煮干聖地の県だ、煮干好きなら必ず巡っとかねばと、かねてから狙ってた(笑)

実は去年だったか夕方に静岡に着き、夜営業で煮干を巡ろうとして、昼過ぎには閉店しまくるって実情に叩きのめされ、1食もニボれなかった経験アリ(^^;

7時すぎから15時前にかけて、6店巡って計煮干6杯

超有名店、ネットや噂でよく見聞きしてた店、も含めた4店は...ぜんぜん私の煮干魂?には刺さらなくて、個性も雰囲気もない、深みもない、こんな薄っぺらい美味さ伝わってこない麺を金出して食べにくるよなぁ、っていうか煮干強めって言ってるけど煮干どこよ?的だし、麺自体やチャーシューなどのトッピング類さえも美味くないけど!って不思議で不思議で

(期待外れを完食しなきゃならないのは連食中なので辛さマシマシ...)

その中で「うまっ!」って感動したのは2店!
この2店は、煮干にスープが濃厚、複雑、深みある!
香りも苦味もしっかりある、大正解な店だった!

麺自体まず美味いし、トッピング類1つ1つも丁寧さが伝わってくるし

店主もその店主と働く店員の佇まいの雰囲気、店の中の雰囲気も、客の雰囲気も、なんというか清らかだった(他の4店は濁ってたなぁ)!

朝7時すぎに5歳くらいの男の子と母親が来店し、慣れた言い方で注文し、静かに2人で食べてる風景は、朝ラーが本当に根付いてる!って一瞬で知れる、清々しい風景だったし

今度は娘も連れて、美味い!素晴らしいって発見できた2店、巡りたいと思う

えーまじかよーって思わず、安心して巡れるから、仲良く巡れるだろうしね(笑)

娘となら、サッカー観戦兼ねてやね^ ^