ケムリさんの3月11日の日記『特殊なカンナ』

特殊なカンナ

2018/3/11 ケムリ(45歳) 福井県

一般的に知られているのは、平カンナと言うもので、平に削るものですが、その他に、特殊カンナという、普通の平カンナにはできない仕事をしてくれる物もあって、カンナには、いろんな種類の物があります。

画像の物は、ほんの一部です。

手前から順に

際カンナ : L型になってる部分の角の際の方まで削れるカンナで、右用、左用とあります。


面取りカンナ : 化粧材の角を斜めに削るもので、ネジ式になってるのは、斜めに削る取る幅を一定寸法に調整できるようになってます。

底カンナ : 溝の底を削ったりする物です。


こんな感じで、いろんなところを削れるように、特殊な形状をしたカンナが沢山あります。鍛冶屋に注文してオリジナルで作る事もあります。


しかし、こういうのは時代遅れな道具になってきています。

そして、使う大工も時代遅れな感じ〜〜( ̄∇ ̄)