出会いがない男女の恋活コラム

出会いマッチングサイト PCMAX がお送りする、男女の出会い・恋愛に関するコラムのページです。

恋愛、異性との出会いに役立つヒントで、悩みや疑問の解決をお手伝いを致します。

創設20年、ついに会員数1800万人を突破した日本最大級の出会いサイトを運営してきたノウハウを活かし、出会い系サイトで出会いを見つけるコツやその方法もご紹介します。是非お役立て下さい。

スマートフォン版PCMAXページ

出会いがない男女の恋活コラム

出会いマッチングサイト PCMAX がお送りする、男女の出会い・恋愛に関するコラムのページです。

恋愛、異性との出会いに役立つヒントで、悩みや疑問の解決をお手伝いを致します。

創設20年、ついに会員数1800万人を突破した日本最大級の出会いサイトを運営してきたノウハウを活かし、出会い系サイトで出会いを見つけるコツやその方法もご紹介します。是非お役立て下さい。

  • 出会い系サイトを利用して出会いを見つけたい。だけど対面が実現したときに備えてコストはかけたくない。そのような場合は無料でもらえるサービスポイントを有効活用するのがセオリーです。PCMAXでは初登録時に無料ポイントを簡単にゲットでき、長いスパンでの利用でも付与されるなど高コスパな出会い探しが可能!

    2023/01/29 PCMAXの使い方
  • モテないのは顔の良し悪しだと思うことはあるかもしれませんが、人を好きになるなら顔だけでは難しいもの。見た目で選ぶ人は嫌、中身で選んで欲しいと思う人こそ、内面にまで興味が向くよう外見にも気を使いましょう。モテない顔には共通した特徴がありそれを改善させればモテる顔つきに変わっていけます。

    2023/01/22 恋愛したい
  • PCMAXはプロフィールを作成しないと出会える可能性が下がってしまいます。メッセージを送ってサクっと出会いたいと考えている人ほどプロフィールの設定は大切。思うように出会いが進まないと感じている方は、閲覧、返信、出会いの入口になるプロフィールの作成のコツを参考にしてください。

    2022/12/25 PCMAXの使い方
  • メッセージを既読しておいて返事をしない既読スルー。当然ながら既読スルーをする側には理由があり、概ねの場合で脈なしのメッセージであったりもします。そして既読スルーされた側がしがちなのが追いLINE。基本的には自滅するきっかけとなる忌避行動ですが用法・用量を守れば効果的に活用することが可能です。

  • 進展のチャンスをうかがっていたら相手に恋人ができてしまった。出会いはあるのに恋愛対象に入れずに失恋してしまっているなら状況を変えるために意識するべきことはひとつだけ。ふたりきりで過ごしているのにいつも友達枠に入っていると感じる関係に落ち着いてしまう人は、恋愛モードにさせるきっかけを作ってみましょう。

    2022/11/20 恋愛したい
  • マッチングアプリや出会い系サイトは初対面の印象が大切。マッチングしない、会えない、会えるけど次のデートにつながらない人は第一印象で損をしているかも。第一印象でOKを決める人は少なくても、絶対NGを決めてしまう人は少なくありません。たった1日で見た目を好印象に100%変えられる方法を一度試してください。

  • 好きな人に告白をするって勇気がいることですし受け入れてもらえなかった時のリスクを考えると、できたらするよりして欲しいですよね。ですが、自分から告白ができないと好きな人と付き合えないというデメリットがあり、恋愛そのもののハードルを恐ろしく上げしてしまう原因を作ってしまいます。

    2022/09/11 恋愛したい
  • 恋を進めるには「ただの友達だと思っていない」と好意を伝えることが大切、ですが伝え方を失敗してしまうと距離が離れるきっかけにも。相手に好意を確信させてしまうのはまだ早い、匂わせる程度にさりげなくという時には、バレずに好きと伝える方法を試してください。好意は伝え方次第で付き合える可能性は高くなります。

    2022/08/21 恋愛したい
  • 仕事をこなし休日を充実させて美容に精を出してと、女性としての磨きをかけているうちに男性にうまく頼れなくなっていませんか?少しでもダメなところがない自分でいたいものですが、ガードが固すぎて隙が無いと思われていたら男性からのアプローチは少なくなってしまいます。彼氏ができないのは完璧すぎるのかもしれません。

  • 気まぐれにやって来る連絡に備えて待っているのは相手を待たせたくないから、それとも相手は待ってくれないからでしょうか。相手を信じて健気に待っているなんてロマンチックな雰囲気がありますが、本命との合間に寄り道されているだけかもしれません。いつも待たされてばかりだと感じているなら関係を見直してみましょう。