「SNSから始まる出会い」の記事一覧

もし良い出会いがなかなか見つからなければ、PCMAXのSNS機能を試してみてはいかがでしょう。

日々の想いや出来事を自由に記録しておくことができる日記には、コメント欄や「いいね」機能、お気に入りなど、人と人をつなぐSNS機能が充実。
感想などコメントをもらったり、逆に他の人の日記を読んでコメントをしたり、コミュニケーションツールとしてお楽しみ頂けます。

男女の出会いに留まらず、性別を超えた友達、同じ趣味を持つ仲間など、よりオープンな出会いの場としても活用されております。

2018/06/12
スマートフォン版PCMAXページ

「SNSから始まる出会い」の記事一覧

スマートフォン版PCMAXページ

もし良い出会いがなかなか見つからなければ、PCMAXのSNS機能を試してみてはいかがでしょう。

日々の想いや出来事を自由に記録しておくことができる日記には、コメント欄や「いいね」機能、お気に入りなど、人と人をつなぐSNS機能が充実。
感想などコメントをもらったり、逆に他の人の日記を読んでコメントをしたり、コミュニケーションツールとしてお楽しみ頂けます。

男女の出会いに留まらず、性別を超えた友達、同じ趣味を持つ仲間など、よりオープンな出会いの場としても活用されております。

「SNSから始まる出会い」についての新着記事

  • 雨の日のデート 雨音を聞くと、遠い昔の記憶がじわっと湧いてくるのは何故だろう。 たとえば、雨の日の吉祥寺での悲しい思い出。 ネット予約開始3分後に取ったジブリ美術館のプラチナチケットで、久しぶりに会うことを決めた日。LINEのやりとりの文字は、はしゃいではいなかった。なんとなく気がついてはいたが、。 1ヶ月半後のその日を迎えることをとても憂鬱に感じながら、日々が過ぎていったことがとても印象に残って …

  • 誕生月 毎年この時期になると、いつも梅雨入り(´д`|||) 雨が降ると、やる気を失ってしまいます。 せっかくの休みでも、外に出るのをためらってしまいません?! でも、環境的には雨が降らないと水が無くなったりで大変になるので適度に降るといいですよね! そろそろ夏本番を迎えるし、海へ行くために身体絞るぞー!と思ってても、結局何もせずで終わってしまうことも!?(笑) 僕の場合いつもです(;´∀`) な …

  • ■ 花の季節 花がピカピカしてきた 我が家の薔薇も、ここに移り住んでから一番の笑顔を覗かせた。 間もなく6月を迎える。草木が生き生きと力強さを見せ、見ている私も元気をもらえる。 さきほど、買い物から帰宅する際、子連れの母が我が家の薔薇を見ていた。足を止めて、赤ちゃんに話しかけるように時間をかけて優しく見つめていた。嬉しくなって近づいて挨拶をしようとすると、再び親子は歩み始めた。挨拶のタイミングを逸 …

  • 【ファースト・キス】 「初めてのキス」という趣旨ではなく、 「その人と初めてキスをした」いう思い出話。 その人と初めてキスをするって、 なぜか絶対に忘れない。 お互いが、お互いに好意のある関係と分かって、 2か月ぐらい。 なかなかお互いの事情から、 キスどころか、抱きしめることさえも ままならない関係であったとき、 仕事の帰り道に駅まで送ってもらったときに、 私だけにしか見せない優しさ、 笑顔に触 …

  • 皐月 真っ先に思い浮かぶのは、GWだけど、あまり馴染みがない。 自分で好き勝手に休みを取れたら、わざわざ値段の上がる時期を選ぼうとは思わない。そして、期間中は、朝の通勤電車も快適だし、割り込み仕事も少ない。お盆と、GWは仕事するにはちょうどいい。 やはり、新緑だろうか。燃えるような新緑の中で、私は元気とやる気をもらっている。新緑の持つ力は不思議だ、なぜ緑の集合体である、あの深い緑にそれ以上の何かを …

  • 五月ね…駿河湾の味覚 決まって静岡県辺りへは、新蕎麦と秋映えと謂う林檎を求めて十一月に旅をする。 こちら兵庫で五月の海の幸と謂えば淡路島の生桜エビや生シラスが有名で此までは、態々五月に静岡県辺りへ行かなくてもと五月の行楽地にラインナップしなかった。 五月の海の幸なら淡路島産が鮮魚店の店先に並ぶからと。 しかしここ数年…旬の食材が店先を賑やかに彩る光景を見ていない気がする。 そうか…ネットショッピン …

  • 「青春、恋の日」 青春だってー!懐かしいなぁー! 私にとっての青春の日、恋の日は高校の時だなぁ。 初めて女の子を本気で好きになった日が5月くらいだったと思う… その子はすごく可愛くて、細くて、清楚で、恥ずかしがり屋で、誰よりも制服が似合う子だったんだよね。 最初は憧れから来る好意だと思ってたんだけど、だんだん違うって分かってきたのよ。 いつも目で追ったり、ちょっと話しただけですごく嬉しくなったり、 …

  • 色合いが綺麗なんだよね この時期、近場でも結構楽しめるスポットがあるから、つい足を運んでしまいます。 少し前でしたら、桜の綺麗な名所が近くにあるのですが、名所だけに混雑のレベルが半端無いです。 その代わり、穴場もありますが(^-^) ちょうど今でしたら、躑躅の名所が見頃?か、もしかしたらピーク過ぎてしまったのかも。 ひと足先に、足を運んでみた時には綺麗に咲き誇ってましたから、ビミョーかもしれません …

  • もう、30年以上昔の事です…。 20歳で自営業を始めた私でしたが、女性に関しては奥手で彼女すら居ませんでした。 商売が軌道に乗った、3年経った頃… 23歳の私は自宅を購入し、高級スポーツカーを乗り回していたのです。 しかしながら、相変わらず彼女は居らず味気無い日々を過ごしていました。 そんな、休みのある日… 1人ドライブをしていた私は、昼を過ぎた事もあり、とある食堂に立ち寄ったのです。 その店は食 …

  • 今から2年前、 PCMAXさんで出会った 方と恋をしました。 その時、私は 社会人1年目で ブラック企業で働いていました。 仕事内容は想像していた物と異なり 職場の雰囲気は良い物とは言い難く、 パワーハラスメントを受けたりもして 正直、毎日が地獄でした。 毎朝毎朝、 会社へ向かうのが 本当に辛くて 周りには悩みを話せる人もいない為に 私の精神状態は 今にも正常なバランスを失おうとしていました。 意 …

  • 5月は 恋の日 なんだ…知らなかった… 私の初恋ってどんな感じだったかな? 初恋はいつだったのかは覚えていないけれど、恋をしていた日々は覚えている。 思い出すのは中学生の頃。 私の中学校はとても田舎で、付近の5つの小学校の生徒が集まっても1学年で2クラスしかなかった。(成人式なんて小さい公民館で事足りるくらい) そんな小さく狭い地域だから、もうみんな昔からの顔見知りばっかりで。 そして、好きになっ …

  • 学生時代の淡い色の恋 それはまるでパレットに滲む色彩のように鮮やかに そしてこの色鉛筆のように 微妙に違う様々な色で心の揺らぎが表現されるようで かっこいいなと思う男子は何人か居た ただそう思うだけで その男子とどうなりたいとかそんな感情を持つことは無くて せいぜい「好意」止まりだったように思う 初めて恋心を抱いたその彼は 小学5年の時に同じクラスになって意識し始めた 色黒でスポーツが出来て 明る …

  • 春の訪れ 国宝犬山城の眼下を13両の山車(やまと読みます)がてこと呼ばれる男衆に曳かれて動く姿は、なかなかの見応えがあります。 江戸時代から伝わるこの犬山祭、 ユネスコ無形文化遺産に登録されて2年 毎年第一土曜、翌日曜に開催されますが、この2日間のうち、1日は必ずと言っていいくらい天気が崩れるのは、地元では知らない人はまずいないことでしょう(笑) 例年であれば、犬山城の周りの桜並木が花を咲かせ、春 …

  • 先週末お花見デートしてきました♪ 今年は桜の開花が例年よりもだいぶ早いみたいで、お花見というと私のなかでは大体4月の初めから中頃とかにかけてするようなイメージなんですが、今回は3月の終わり頃ということでわりと珍しいほうかなって思います。 で、そのお相手は、このサイトで知り合った大好きなお気に入りちゃんです♪(^^) とてもお忙しい方なので、なかなか都合があわなかったりするんですが、うまく調整してく …

  • 写真は最近撮ったもので全く関係はないのですが 昔住んでいた土地で、通っていた高校までの道すがらに桜並木があったんですよ ゆるい登り坂なんですが、なにせ結構な距離があったので 投稿時には目覚まし代わりの運動がてら、体に活を入れるのにちょうどよかったんですが ママチャリだった当時でも帰り道には結構なスピードが出せまして ちょっとだけ家から遠かったので自転車でその並木道を駆け抜けていたんですが、桜の香り …

  • 季節ネタ日記なんて出来たようで、 4月、最近の感じたネタでも… 桜 今年は、アッと言う間に満開になり、花見を楽しむ期間も短くなかったですか? 普段、花を楽しむ習慣を持ち合わせて無い私 桜だけは何故だか惹かれて… このシーズンだけは、ゆったりした時間に身を委ねるってしたくなってね 花見だからって、お酒飲んでワイワイってノリじゃなくてね 桜のトンネルをくぐりながら、ただただ歩く 歩いていると… 犬と散 …

  • この季節は主人が繁忙期で 長年、ずーっと満開の桜を見に行く、 という事はなかったなぁって。 当時は車の遠出も自分がするというのは 勇気がなく、あわてんぼうゆえに…。 やがて子供が大きくなると、部活のために 花の咲く季節も横目で見るだけになり。 やっと落ち着いて桜が見たい!と思ったのに! すっかりイベント事が続く中体調を崩して 満開を逃してしまった。 それでも桜は美しく咲いていてくれ、 残りの花弁を …

  • 私は今まで、お花見 という行事があまり好きではありませんでした。 でも、昔から桜はすごく好きでした。 白っぽい薄いピンクの花がたくさん咲き、見る人みんなが嬉しくなったり心が踊る特別な木。 それなのに何故、お花見が好きではなかったというと、人が沢山いる中で座って飲んで食べて中身のない話をして、特に桜を見ずにダラダラと過ごす時間が何となく苦手だったからだと思います。 でも今年は、好きな人と2人でお花見 …

  • 近所のスーパーの脇には 桜の木が1本だけある 今はもう葉桜 仕事が終わったあとひとり その桜の木の横を通りスーパーへ足を運ぶ カゴを片手に店内を回っていると 見覚えのある顔の女性が居た あ、同級生だった子だ 確か…名前は…うーん 彼女はカートに2歳にならないくらいの男の子を乗せて忙しなく買い物をしている わたしには気付かないようなのでスルー …顔は全然変わってないけど… …やっぱり老けたなぁ わた …

  • 春、それは出会いの季節。 なんて使いふるされた表現ではあるが、 気候が暖かくなり 花が咲き溢れて 大地を鮮やかに彩る様を見れば やはり自然と、新たな出会いに胸が浮き立ってしまうのが人の性である。 さて、春に相応しい素敵な出会いが先日、 このサイトにてありました。 お相手は、近くの地域に住む紳士的な男性。 サイトメールのやり取りから交流させて頂き お互いに盛り上がったために、直接連絡先も交換して仲良 …

無料会員登録
日本最大級の出会い系サイトPCMAXが、 出会いに繋がる多彩なコンテンツで あなたに新しい出会いをお届けします♪