7月7日の七夕=”恋の日”!七夕&恋にまつわるエピソード

     2019/10/17   SNSから始まる出会い

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 6 分

七夕の恋

この時期になると思い出すことがあります。

家族ぐるみの付き合いで姉弟のように育った幼なじみがいて、夏休みの期間中はほとんどそのお家で過ごすくらいの仲でした。

私は二人姉妹の長女。向こうは三きょうだいの末っ子。

年齢は5つ下だったので、弟のように可愛がっていましたが私が社会人、彼が高校2年生の頃に野球の試合を応援しに行ったことがきっかけで、少しずつ幼なじみ以上の気持ちが芽生えてきました。

幼なじみといえど、向こうはまだ学生だったので、会った時に暫く話したり、電話とか手紙とか のやり取りを続けていた頃に私がある病気になり入院することになり勝手に自暴自棄に。

彼は最後の甲子園に向けて頑張っていた頃だったので、その病気のことを告げて気を使わせたくなかったので、普通の幼なじみに戻ろうと伝えました。

それから暫く経って、野球を引退し、小学生から野球一筋の生活から解放された彼はアルバイトを始め彼女もできて幸せそうでした。
私は彼への気持ちを抑えたまま、幼なじみの姉として見守っていました。
仕方ない。自分から身を退いたのだから今さらどうとか言えるはずがない…

それから数年後、お互いいろんな恋愛を重ね、彼には家庭がありました。

月に1度くらい『声が聞きたくなった』と仕事帰りに電話をくれていましたが、ある夏の日、仕事が遅くなり帰りに私の家の近くを通るから会いに来ると。

少し戸惑いましたが、嬉しい想いもあったので、家から少し離れた公園で待ち合わせして暫く話しました。

たわいもない普通の日常的な会話で、今までのお互いの気持ちを話す等はありません。

彼は家族の待つ家に帰える時間…

大切な人との時間はあっという間。

車に乗り込んだ彼は無言で手を伸ばしました。

『あの手に触れたい』

と思いながら、私は精一杯の笑顔でうん、うん、と頷きました。

二人の想いは言葉がなくても通じていたと思います。

あの時、あぁしなければ彼の隣にいれたのかな…と思うことはありますが、とてもピュアな恋愛だったし、二人だけの大切な思い出です。

7月になると彼もあの時のことを思い出してくれてるのかなぁ☆

静流さんの日記画像

静流
さん
地域:佐賀県
職業:OL
身長:165cm
体型:激ぽちゃ
血液型:A型
星座:双子座

夏が来れば思い出す

いくみさんの日記画像1枚目

七夕飾りを作ったことを…

願い事は沢山あったけど本音は書けなかった

人に見られる恐れがあったから(笑)

なんて書いたかは記憶に残っていないけど、多分、幸せになれますようにと…子供の幸せって、お小遣いアップとか、大好きな物が、たくさん食べられますように…じゃないかしら(笑)

今、願い事を書くとしたら

もう一度、人生をやり直したいとも書いてしまうかも…

とにかく失敗した事が多々あるので、そこのところを修正したい一心なのです。

でもそれが出来ないのが人生 人生ってワンチャンスなのね。

子どもの頃、七夕の日は自宅前で花火をしていました。

ねずみ花火は地面の上を素早く這うように動くので逃げたりしながらスリルを味わいながら楽しかった。

打ち上げ花火は音にビビりながらも空中で花開いた瞬間の綺麗さに、ウットリしていました。

花火大会の大きな花火と比較したら慎ましいけど、自分が着火して打ち上げたという喜びがありました。

ある年、花火を楽しんでいる最中に自宅前にある物置小屋の裏から煙が…

もしかして火事…花火を共にしていたお友達と初期消火?したことがあります。

多分、打ち上げ花火が原因だったと思います。

直ぐに気付いて水をかけ、大事にならなくて本当に良かったと子供ながらに胸をなでおろしたものです。

私が子どもの頃は今と違って夏休みに入って直ぐにラジオ体操も始まっていました。

子どもの頃の私は自力で早起きが出来ず、起こしてもらってもなかなか起きられない極めて寝起きの悪い子だったため、時々しか参加できなかった。

従姉妹が、泊まりに来ていてラジオ体操に行こうねと約束していたのですが
それでもなかなか起きられず、校庭に駆けつけた頃には第二体操の終わり際だった…(笑)

不思議と年齢と共に早起きが出来るようになるものですね

皆さんは蛍を見たことがありますか?

私は一度だけですが、あります。

家の近くにはいなかったので親戚の家に遊びに行った時に…

もう本当に幻想的で夢を見ているかのような不思議な出来事…

貴重な体験でした。

梅雨明け前なのに大変な暑さですね 6月も残り少なくなってきました。

明日以降も真夏日予想…先が思いやられますが

水分補給、栄養補給 何かと気を付けながら

良い七月を迎えたいものですね

拙い文章を最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

いくみさんの日記画像2枚目

いくみ
さん
地域:東京都
職業:秘密
身長:151cm
体型:普通
血液型:A型
星座:牡羊座

鵲の 渡せる橋の おくしもの しろきを見れば よぞふけにける

和歌とは何と美しい。

などと風雅人を気取りつつも、やはり俗な私は腹も減る。

と謂う事で、今の時期に食したくなるのが素麺。

由由し、空腹も雅やかに満たそう!と平家の落人が好んで食べていた様な気がする索麺が欲しくなるわけで。

その様な今宵『あっ…そうね七夕様ね』とロマンティックな伝説を思い浮かべる。

笹の葉サラサラ、軒端に揺れる
お星様キラキラ
金銀砂子

四季折々にと、七夕の日に索麺が食される。これは織り姫が機織り専門の女官である事にちなみ、筬通しされた縦糸を索麺に見立てたからなのでしょう。

ですと、その織物を身に纏うのは彦星と謂う帝かもしれません。

一介の織女と帝が一年一度出会う事の許される日

それが七月七日

その夜は八咫烏が盛大に祝ってくれ、天の川の下、彦星と織り姫との間に橋を懸けます。

彦星がその橋を渡らない術は有りません。

笹の葉サラサラ、軒端に揺れる。
お星様キラキラ。
金銀砂子

今から貴女に会いに行きます。と

織り姫の、帝を慕う官女としての心情が…

痛いまでに伝わる伝説でありますね。

誰がよんだ和歌かと謂えば、中納言家持です

これを詠むと…

貴方も私に会いに来て。

その様に、まだ星の瞬く隙のない夜空に想いを馳せます。

もし今、私達が何かに割かれても、一年一度は互いを思い出し、煌めく鵲の羽が渡す橋を眺めましょう。

なんて文を自分に宛ててみる今夜です。

さくらさんの日記画像

まあ索麺を掻き込みながらですが(^-^;)

そう物思いに耽ると、暗闇にも一条の光がさす。

ですから毎日顔を合わすのも詰まらない事かもしれませんね。

熟々男女の距離感って大切だと考えさせられます。

かと謂って、一年一度などと謂う忍ぶ恋は、如何なのものでしょうか|ω・`)チラ

私的には…2カ月に一度ですかね。

皆様は?毎日会いたい?なら結婚する?

で、もとの木阿弥。

と、堂々巡りしてみますと、婚外恋愛は、決して悪い事でも無く思えてきます。

そう言う事で、鵲が橋を渡してくれたのなら、私から貴方に会いに行きます。

2カ月に一度、その間貴方が誰を愛していても宜しいですから、その日だけは、私だけを愛して下さいね。

その他の日は、ご家族の為に費やして下さい。

と今、雲隠れす星に願いを懸けて。


さくら

さん
地域:兵庫県
職業:秘密
身長:153cm
体型:激ぽちゃ
血液型:AB型
星座:獅子座

4才児の願い事!

ちびくまさんの日記画像

去年の七夕、甥っ子は保育園で書いた短冊を見せてくれた。

ちょうど戦隊ヒーロー大好きな時期で、ウルトラマン○○になりたい!とか○○レンジャーに会いたいとかそんなことが書いてあった。

ほほえましく 見ていた私はうちでも短冊を書いてみるか!と思い付き、ホームセンターに売っていた卓上の(テレビのリモコンよりはちょっと長いくらいの縦サイズ)を買ってきて甥っ子に書いてもらうことにした。

七夕なんていつぶりだろう?

小学生の授業ぶりだろうか。

なんて書いていたかなんて思い出せないほど昔(笑)

そんなことを思いながら、甥っ子の書いているのを見つめていた。

簡単なひらがなは書けるようになってきた頃、自分への願い事は「ふねがほしいです」「のりがたべたいです」など実に子供らしい短冊でした。

それから「おとうさん、おじいちゃんのもかく!」と言い出し、
「おとうさんにコーヒーをあげたい」
「じぃじにタバコをあげたい」と書いていました。

良く見てるな~と思って関心しました。

父にタバコを進んであげる者なんて居ませんでしたから(笑)

それからもう終わろうとしていた甥っ子に「お母さんのは?何かあげたいものないの?」と聞きました。

すると
「お母さんはメガネとかケータイとか指環とか大事なものいっぱいあるから要らないでしょ」と言ったのです。

4才児が。

それ聞いて思わず吹いちゃいました(笑)

たしかにあの頃は甥っ子がケータイさわりたいいたずらしたい、メガネさわりたい、で、数個メガネを代えていた姉。

だからこれらはお母さんの大事大事だから、壊されたら悲しくて泣いちゃうよ!ってな感じで触らないように教えていました。

それをわかってでしょうね。

いやはやスゴイ!

けど
ちょっと皮肉に聞こえたのは私がもうバッチリ大人になってしまったからなのでしょうかね。

さてさて、今年はなんて書いてくれるかな?

(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪


ちびくま

さん
地域:北海道
職業:秘密
身長:140cm
体型:普通
血液型:秘密
星座:水瓶座
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 PCMAX

日常の出来事や日々の想いなど、自由に書く事が出来ます。
日記を通しての交流で、新しい出会いが見つかります♪

ログインはこちらから

僕たちの出会いはPCMAX

関連記事

kyoさんの日記画像1
いい出会いの日に聞いた「出会えてよかった人」との思い出まとめ

11月11日「いい出会いの日」にちなみ、皆さんの「出会えてよかった人」を募集。 前回の記事はこちら→11月11日【いい出会いの日】心豊かになる「出会えてよかった人」エピソード あなたの「出会えてよかった人」はどんな方でしょう?また、その方との出会いにはどんな思いでがありますか? 皆さんそれぞれの「出会えてよかった」エピソードをお楽しみください。 目次パンをきっかけにたくさんの方と知り合えました。誰 …

春の犬山祭

春の訪れ 国宝犬山城の眼下を13両の山車(やまと読みます)がてこと呼ばれる男衆に曳かれて動く姿は、なかなかの見応えがあります。 江戸時代から伝わるこの犬山祭、 ユネスコ無形文化遺産に登録されて2年 毎年第一土曜、翌日曜に開催されますが、この2日間のうち、1日は必ずと言っていいくらい天気が崩れるのは、地元では知らない人はまずいないことでしょう(笑) 例年であれば、犬山城の周りの桜並木が花を咲かせ、春 …

【5月の出会い】新緑・お祭り・登山、5月に関する話題

目次皐月出会いの祭で出会ってきたよ◎ 皐月 真っ先に思い浮かぶのは、GWだけど、あまり馴染みがない。 自分で好き勝手に休みを取れたら、わざわざ値段の上がる時期を選ぼうとは思わない。そして、期間中は、朝の通勤電車も快適だし、割り込み仕事も少ない。お盆と、GWは仕事するにはちょうどいい。 やはり、新緑だろうか。燃えるような新緑の中で、私は元気とやる気をもらっている。新緑の持つ力は不思議だ、なぜ緑の集合 …

ワインと共に春の訪れを感じたい

私、お酒には全く詳しくないけれど今、恋人と飲みたいお酒がこちらである。 ボトルがちょーーかわいい ちなみにこんなグラスがある。 春って別れと出会いの季節だから、ずっと一緒に仕事してきた人が異動になったり、新しい人が来たり、、、 新人さんは、研修研修の日々でまだ挨拶さえも来れていなかったり。 4月ってそこはかとなく寂しかったり、微かにでも感じてしまう期待感もあって華やかな月だと思う。そんな4月らしい …

いよいよ梅雨入り。雨の日にまつわるみんなの思い出・エピソードまとめ

目次花の季節忘れないきっと雨が好きになる。 花の季節 花がピカピカしてきた 我が家の薔薇も、ここに移り住んでから一番の笑顔を覗かせた。 間もなく6月を迎える。草木が生き生きと力強さを見せ、見ている私も元気をもらえる。 さきほど、買い物から帰宅する際、子連れの母が我が家の薔薇を見ていた。足を止めて、赤ちゃんに話しかけるように時間をかけて優しく見つめていた。嬉しくなって近づいて挨拶をしようとすると、再 …

3月は別れの季節。様々な「卒業」に関するエピソードまとめ

3月といえば別れの季節。 小さな頃から3月で卒業、4月で入学というサイクルの中で生活をしているせいか、そういった印象は強いのではないでしょうか。 という事で今回は王道の「卒業にまつわる思い出」を皆さんに募集しました。 「卒業」は学生時代に限った事ではなく、大人になっても様々な場面で経験するものです。 皆さんそれぞれの「卒業」にまつわる思い出をご紹介します。 目次卒業の季節人生を卒業するときに。しが …

お花見デート

先週末お花見デートしてきました♪ 今年は桜の開花が例年よりもだいぶ早いみたいで、お花見というと私のなかでは大体4月の初めから中頃とかにかけてするようなイメージなんですが、今回は3月の終わり頃ということでわりと珍しいほうかなって思います。 で、そのお相手は、このサイトで知り合った大好きなお気に入りちゃんです♪(^^) とてもお忙しい方なので、なかなか都合があわなかったりするんですが、うまく調整してく …

葉桜

近所のスーパーの脇には 桜の木が1本だけある 今はもう葉桜 仕事が終わったあとひとり その桜の木の横を通りスーパーへ足を運ぶ カゴを片手に店内を回っていると 見覚えのある顔の女性が居た あ、同級生だった子だ 確か…名前は…うーん 彼女はカートに2歳にならないくらいの男の子を乗せて忙しなく買い物をしている わたしには気付かないようなのでスルー …顔は全然変わってないけど… …やっぱり老けたなぁ わた …

せんせいさんの日記画像1
秋と言えば「○○の秋」!みんなの今年の秋のテーマは?

秋と言えば「○○の秋」。芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、行楽の秋…などなど多岐に渡ります。そこで今回は、”あなたの「○○の秋宣言」!”と題し皆さんの「○○の秋」を募集。この機会に今年の秋のテーマを考えてみるのはいかがでしょう♪

桜を誰かと見ることの特別感

私は今まで、お花見 という行事があまり好きではありませんでした。 でも、昔から桜はすごく好きでした。 白っぽい薄いピンクの花がたくさん咲き、見る人みんなが嬉しくなったり心が踊る特別な木。 それなのに何故、お花見が好きではなかったというと、人が沢山いる中で座って飲んで食べて中身のない話をして、特に桜を見ずにダラダラと過ごす時間が何となく苦手だったからだと思います。 でも今年は、好きな人と2人でお花見 …

無料会員登録
日本最大級の出会い系サイトPCMAXが、 出会いに繋がる多彩なコンテンツで あなたに新しい出会いをお届けします♪