今年一年はどんな年でしたか?年末に振り返る今年の出会い事情まとめ

     2018/12/27   SNSから始まる出会い

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 5 分

いよいよ2018年も終わりを迎えます。

皆さんはどんな一年をお過ごしでしたか?PCMAXは少しでも皆さんの出会いに貢献出来ましたでしょうか?

今年最後となる12月のテーマは「2018年、自身の出会い(恋愛)事情を振り返って」と題し、皆さんにそれぞれの一年を聞いてみました。

わかっていたとしても残念な2018年の俺の出会いと生活

このところ、ってか、毎年思っているがやはり2018年も、あっと言う間に終わりが近く。

今思うと何か成し遂げたかを自分に問えば記憶に残らない事ばかりだから当たり前に時が過ぎるのも無理は無いのだか…。

仕事を辞めて途方に暮れてた2018年。

次の仕事を探すのにいろいろな壁にぶつかり癒しを求めてPCMAXで出会いを求めたが掲示板ヒットはあってもホームランまではたどり付けづ。

また、彼女候補を探すのにサイトに顔を出すがまたもホームランを逃すはめに。

仕事を探す、彼女募集の繰り返しを…何回やった事やら。

前厄だからか何をやっても手につかず、ついてない1年だった気がする。

体力面でも今年40歳の俺はやはり若き頃の俺とは違い野獣になりきれない事が何回かあった。若き頃は勢いで何でもやってたから今になって不運が加算できたのかな。

まぁ、体力落ちたからかなぁ(^^;
燃えるほど欲求が高まらずに若き頃の様には求めようとはしなくなったもんなぁ。

歳は取りたくないもんですよ(-_-)ヤレヤレ。

来年の目標はまず、仕事を見つけ安定させること。まずはこれをやらなきゃ話にならない。
そして彼女探しをして夜はバチコンバチコンイケるくらいの体力を戻す事だな。

とは言っても毎年、似たような目標を立ててる気がする(-_-)

そう考えると俺って進歩ねぇな(–;)

何年か前にPCMAXで出会いを求めて彼女候補が出来た時があった。あの時の勢いは自分でもビックリするくらいアピールをして付き合う手前までいった感じだった。結果、その子の性格が合わずにバイバイした事を今も引きずってしまっているのかもしれない。過去は過去で区切り前を向けばいいのに、今も恋愛に積極的に行動出来ない自分が恥ずかしく思う。だからサイトに頼ってしまうんだなぁ。

そーいや、PCMAXに登録して何年たつかな?最初はツレがポイント欲しいが為に俺を紹介されて登録したんだけどその時は全くサイトに興味がなかったのになぁ。なぜか今じゃ常連。

暇潰しに見てたら知らぬ間にベテランになってた(^^;

まぁ、思いでもあるからやってて良かったっちゃー良かったんだが。

2018年の課題を処理して来年こそは良い年になるように努力を怠らないって誓いますm(_ _)m

彼女に立候補してくれる女性はメッセージ待ってますので良かったらよろしくお願いいたしますm(_ _)m

みなさんも良い年でありますように(^^)

男性会員シルエット画像ブラウザさん
地域:静岡県
職業:会社員
身長:178cm
体型:ふくよか
血液型:A型
星座:牡牛座

凪の糸

気付けば12月
暖かい日々が続いたせいなのか
時の速さにビックリしてしまう

街はすっかり冬に染まって
お決まりのクリスマスソングに
毎年豪華になるイルミネーション

何だか置いて行かれそうで
自宅の玄関にリースを飾った

…あれから1年

「もう終わりにしよう」

彼の言葉には疲労と決意

当然すぎたその言葉を
必死に引き止めて

もう殆ど千切れてしまった
細すぎる想いを握り締めて

restartした関係から
丁度1年が過ぎようとしている

逢う回数も
連絡を取り合う頻度も

愛を発する彼の言葉も

昨年とは格段に減った

言葉だけを紡げば
とても簡素で淡白な
関係なのかもしれない

でも

思えばこれが

この日々こそが
私たちの関係の
深さの証だと
今は思っている

先月

本当に久しぶりに逢って
何気ない会話をした

互いの仕事の話をしながら
意見したり相談しあったり
ちょっとだけ白熱したりして

互いに違う形の柵が多いから
なかなか理解は難しい

それでも
言わなくても解る彼の考えと
伝えなくても解る私の想い

出逢って2年半の軌跡は
確実に私たちを深めた

だけど

一目惚れだった私の事を
愛の言葉で埋めたりはしない

若い子のような
想い出の形を残したいと
言う事もない

幾度となく突き放す私に
苦しむ彼の姿は

もう、ない

それでも

「逢いたかった」

抱き締める腕はなにも変わらない
なにかの記事で読んだ

【恋愛の激動期を
当たり前だと思ってしまう愛は

続かない】

好意と
不安と

愛と嫉妬

涙と喜び

まるでイベントが押し寄せるように
恋愛初期は激動が襲う

当然その荒波も次第に治まって

凪のような時間が訪れた時に

物足りなく思うのか
愛が冷めたと感じるのか

真価が問われるような
そんな感覚

先日珍しく
マイナスな彼の言葉が溢れていた

相槌と

ぽつり、ぽつりと返す
私の言葉に

「伊織に話して良かった」

「大好きだよ」

飾りっ気もない
彼の言葉

『うん…良かった』

私もただそれだけ返した

昨年までの私たちならもっと
鬼気迫る対応と
自分がなんとかしてあげたい思いで
焦燥していただろう

自宅のクリスマスツリーを見ながら

『好きだよ』

なんて呟いてみた

言葉にすると
随分浮ついて感じるように
なってしまったのは

私も凪の中にいるからだろう

千切れた筈の糸は

繊細で

強靭で

冷たくて

あったかい

この1年
紡ぎ続けた幾億条の想いを

ゆっくりと

深く

伊織さんの日記画像1

女性会員シルエット画像伊織さん
地域:福岡県
職業:その他
身長:155cm
体型:スリム
血液型:A型
星座: A型牡羊座

本当に大変な一年でした

この一年の始まりは、彼と出会ってウキウキのハッピーニューイヤーではなく、彼の敬愛する叔父様の死からスタートした。

三が日の間はずっと出かけたまま、なかなか連絡が取れずたまに声が聞けても元気がない。そんな年明けには、私の父の手術があった。

昨年の1月は、会うこともなかった。

四月には、2人で夜桜を見に出かけた。

JENNI LYNNさんの日記画像1

足早く杉花粉のせいで、花粉症のデビュー戦に苦しむ彼の鼻には既に抗体があった季節であったが、私の花粉症は桜が満開になる前である。

くしゃみ、鼻水だけではすまない。今年は特にひどくて、鼻血まで出て一回だしたら止まらないために、今年は二回私は鼻を焼いた。

夏は、夏で出血性十二指腸潰瘍で入院した父に、介護人がつくことになったのだが、現金や宝石を盗まれ私の落ち込む生活が続いた。

彼もステップアップの資格取得のために、忙しくなるのだが、私の心の隣にいてくれた。犯人も断定できない。
私は被害届に添付するために、宝石のデザインを描いていた。彼と待ち合わせのマクドナルドで、大まかに書いていた。

私は20代の頃に、ジュエリーデザインの副業をしていた。盗まれた宝石は、私のオリジナルデザインであったり、兄弟子のデザインであった。今はもういない兄弟子は、若くしてこの世を去った。
昨年彼の死を知り、泣き暮らす私に声をかけてきたのが、よくblogにコメをしてくれた彼であった。

私の夢も歩んだ証も全て盗まれてしまった。お金がほしければ、元気をあげたのに。介護士なんて、皆泥棒なのよ。完全犯罪のために、その仕事をするの。

私は、そんな言葉を繰り返し荒んでいった。

介護士は、そんな人ばかりではない。

そう思わせてくれたのは、ここにコメをくれた介護の仕事をされている皆様でもあった。

今もその話は辛いが、ケアマネさんを変え私は、父の介護を再スタートした。

そんな時に、大親友が膵炎で入院し私は職場と病院と駆け込む日々が続いた。親友を励まし、お見舞いに行きながら、髪を洗うのを手伝ったり着替えを手伝ったりした。お見舞いにくる他の友達のために、いろんなお菓子を用意した。

そんな私をいつも、お疲れ様と言ってくれたのは彼だった。

落ち着いたら会いたいよ。

といいながら、なかなか会えなくて、会えない時間は苛立ちを産み喧嘩が続いた。

そういうの面倒くさくて嫌たわから別れよう。

と言ったのが先月だった。

遠距離恋愛は、本当に難しいと思った。

でも、会えば何かを埋めることが出来た。
やはり私には、彼しかいない。

気づくと一年
付き合ってから、一年が経つ。

ウルウルしてしまう一年前の初デート写真を、動画にして送ってみた。

波乱に波乱これでもかっていうダメージの多い一年であったが、彼もまた勉強に新しい環境にと忙しい年であった。

今年は私が年女
来年は彼が年男

まっすぐな道を、今年よりはゆっくりと過ごしたい。

一年ありがとう。

JENNI LYNNさんの日記画像1

今月もスタバでまったりしようね。

女性会員シルエット画像JENNI LYNNさん
地域:石川県
職業:ジャーナリスト
身長:173cm
体型:普通
血液型:秘密
星座:水瓶座

日常の出来事や日々の想いなど、自由に書く事が出来ます。
日記を通しての交流で、新しい出会いが見つかります♪

ログインはこちらから

ふたりの出会いはPCMAX。無料ではじめるマッチングサイト

関連記事

西野さんの日記画像2枚目
夏本番!夏休みの過ごし方&おでかけにおすすめの場所

目次summer season!夏休みを過ごすなら、、、夏は、朝霧高原とフクロウを見に行こう~ summer season! お日様がギラギラしてきた! 日増しに力強くなってきた! 暑いのは辛いけど、楽しいことも沢山あるから、この季節はドキドキが止まりません(^o^) 夏と言えばキャンプ… 夏と言えば登山… 夏と言えばプール… 夏と言えば海… 夏と言えば虫捕り… 夏と言えば花火… 沢山ありすぎて今 …

ワインと共に春の訪れを感じたい

私、お酒には全く詳しくないけれど今、恋人と飲みたいお酒がこちらである。 ボトルがちょーーかわいい ちなみにこんなグラスがある。 春って別れと出会いの季節だから、ずっと一緒に仕事してきた人が異動になったり、新しい人が来たり、、、 新人さんは、研修研修の日々でまだ挨拶さえも来れていなかったり。 4月ってそこはかとなく寂しかったり、微かにでも感じてしまう期待感もあって華やかな月だと思う。そんな4月らしい …

春の犬山祭

春の訪れ 国宝犬山城の眼下を13両の山車(やまと読みます)がてこと呼ばれる男衆に曳かれて動く姿は、なかなかの見応えがあります。 江戸時代から伝わるこの犬山祭、 ユネスコ無形文化遺産に登録されて2年 毎年第一土曜、翌日曜に開催されますが、この2日間のうち、1日は必ずと言っていいくらい天気が崩れるのは、地元では知らない人はまずいないことでしょう(笑) 例年であれば、犬山城の周りの桜並木が花を咲かせ、春 …

2月14日【バレンタインデー】妄想は甘め、現実はビター。それぞれのバレンタインデーとは

男女にまつわる2月のイベントといえばやっぱり「バレンタインデー」。 そこで「バレンタインデー」をテーマにPCMAX会員の皆さんに思いの丈を綴って頂きました。 ホンワカする話からほろ苦い思い出、はたまた妄想まで!? それぞれのバレンタインデーをご紹介します。 目次バレンタイン。晩酌。バレンタイン…。I LOVE Chocolat(^ー^* ) バレンタイン。晩酌。 世はバレンタインですね 私はいつも …

【5月23日”キスの日””恋文(ラブレター)の日”】まとめ

目次【ファースト・キス】ラブレター、想いは届くのか届かないのか… 【ファースト・キス】 「初めてのキス」という趣旨ではなく、 「その人と初めてキスをした」いう思い出話。 その人と初めてキスをするって、 なぜか絶対に忘れない。 お互いが、お互いに好意のある関係と分かって、 2か月ぐらい。 なかなかお互いの事情から、 キスどころか、抱きしめることさえも ままならない関係であったとき、 仕事の帰り道に駅 …

雛乃さんの日記画像
2月14日【バレンタインデー】チョコだけど甘酸っぱい?バレンタインデーの思い出まとめ

男女にまつわる2月のイベントといえばやっぱり「バレンタインデー」。 多くの人が「お菓子メーカーの販促」という事を知っているにも関わらず 「義理チョコ」「友チョコ」「自己チョコ」のほか 男性が女性に渡す「逆チョコ」、果ては男性が男友達に送り合ったりする「強敵(とも)チョコ」などなど多くの派生が生まれ、 今でもメジャーなイベントとして認知されているかと思います。 そんな皆さんそれぞれのバレンタインデー …

6月と言えば…「ジューンブライド」にまつわるエピソードまとめ

目次誕生月ハードボイル・で・ウェディング 誕生月 毎年この時期になると、いつも梅雨入り(´д`|||) 雨が降ると、やる気を失ってしまいます。 せっかくの休みでも、外に出るのをためらってしまいません?! でも、環境的には雨が降らないと水が無くなったりで大変になるので適度に降るといいですよね! そろそろ夏本番を迎えるし、海へ行くために身体絞るぞー!と思ってても、結局何もせずで終わってしまうことも!? …

eyesさんの日記
夏の恋にまつわるエピソード・思い出まとめ

目次最高にときめいた夏夏の恋大好きな人と嫌いな夏 最高にときめいた夏 「なんて素敵な人なんだろう」それが彼に対する第一印象だった。 端正なキリっとした顔立ち こんなにハンサムな人を見たのは初めてかも… 見とれてしまった。 彼氏がいなかったら恋をしてしまっていたかもしれない。 前々から「兄はかっこ良い」「よく逆ナンされる」とか聞いていたし写真も見せてもらっていたけど実物の方が衝撃的に素敵だった。 そ …

みきてぃさんの日記画像
“ひと夏の恋”ちょっぴり切ない夏の思い出。恋バナまとめ

目次ある夏祭りの思い出です。甘酸っぱい花火の記憶水曜の昼、午後3時 ある夏祭りの思い出です。 もぅカレコレ5年以上前の話になります。 友達3人で地元の夏祭りに行った時、私ゎぁる男性と出会いました。 その男性ゎお祭りの露天商…つまり的屋さんでした。 何気なくその的屋さんが気になり、友達と足を止めました。 そこにゎ昔ながらのゲームが並んでおり、子供たちが必死になって遊んでいました。 お酒に酔っていた私 …

桜、桜、サクラ、サクラ

この季節は主人が繁忙期で 長年、ずーっと満開の桜を見に行く、 という事はなかったなぁって。 当時は車の遠出も自分がするというのは 勇気がなく、あわてんぼうゆえに…。 やがて子供が大きくなると、部活のために 花の咲く季節も横目で見るだけになり。 やっと落ち着いて桜が見たい!と思ったのに! すっかりイベント事が続く中体調を崩して 満開を逃してしまった。 それでも桜は美しく咲いていてくれ、 残りの花弁を …

無料会員登録
日本最大級の出会い系サイトPCMAXが、 出会いに繋がる多彩なコンテンツで あなたに新しい出会いをお届けします♪