ネガティブはモテる!マイナス思考を味方にして恋愛を成功させる方法

     恋愛テクニック

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 7 分

熱いキスを交わす思いが通じあった2人

「ポジティブ=いいこと」「ネガティブ=悪いこと」これが一般的な感覚かもしれませんが、必ずそしもそうとは言い切れません。

モテる人や成功する人が全てポジティブでしょうか?ネガティブでもモテる人や成功する人はたくさんいますよね。

性格は人それぞれ、もともとポジティブ思考の人もいれば、ネガティブな人もいます。そしてそれは決して悪いことではありません。

ネガティブだからダメ。ネガティブだからモテない。もしそんな風に思っているならその考えは今すぐ捨てましょう。むしろマイナス思考だからこそ良い部分がたくさんあるのですから。

マイナス思考だからうまくいく!恋愛が成功する4つの理由

恋人のネガティブな部分も背負って歩く幸せそうな男性

「成功する人はポジティブ思考」そのような考えが一般化していますが、近年ではネガティブ思考にも注目が集まっています。

実際に世の中の成功者と言われる人の中にも、ネガティブ思考の人は少なくありません。たとえばアップルのスティーブ・ジョブズやユニクロの柳井社長などはネガティブなことで有名。

悪いことのように扱われるマイナス思考が、成功に繋がる理由とはいったい何なのでしょうか?

マイナスな想像が良い結果に繋がる

ネガティブ思考を何度も何度も乗り越えて頂上にたどり着きビクトリーポーズを決める女性

ネガティブな人ほど行動を起こす前に、あらゆるマイナスなことを考えます。「なぜそんなことまで」とツッコミを入れたくなるようなことまで考えてしまう人、あなたの周りにもいませんか?

2人の女性が好きな人に告白するとしましょう。

ポジティブな女性は「何とかなる」「きっと大丈夫」「私は魅力的だしきっと受け入れてもらえる!」ちょっと暴走気味なほどのプラス思考で告白します。

一方ネガティブな女性は「フラれるかもしれない」「たぶん迷惑だ」「私なんかじゃ釣り合わない」「一生恋人なんてできないかも」とマイナス思考のオンパレード。

自分に自信を持つのは良いことですし、前向きな気持ちで告白するのも悪いことではありません。しかしポジティブ故に楽観的になったり、何も準備をせずに失敗することも。

ネガティブな人は慎重になり、前もってさまざまな準備をします。相手のことを調べたり、自信がないからこそ自分に磨きを入れたり。マイナスな考えがあるからこそ、万全な状態で臨むため成功する可能性が高くなるのです。

何事も何とかなるというノリで行動するより、あらゆる失敗に備えて臨んだほうは成功する可能性が高くなりますよね。
ネガティブな想像はポジティブなことだけを考えるよりも、良い結果に繋がる可能性がグンと高くなるのです

マイナス思考はものごとを冷静に判断できる

シャワーを浴びながら今後起こり得るあらゆるマイナスなことを考える男性

恋は盲目という言葉のとおり、人は恋をすると冷静にものごとを判断できなくなることがあります。2人の女性が男性から告白されたとしましょう。

ポジティブな女性は「運命の人かも」「好意を持ってくれているなら付き合ってみようかな」「楽しい人かもしれない」などプラスな面に目を向け、夢や妄想がどんどん広がります。一気に気持ちが盛り上がり、マイナスなことを予想もせず付き合ってしまいます。

一方ネガティブな女性は「どうして自分なんかに」「こんな素敵な人に恋人がいないわけがない、騙されているのかも」「付き合っても本当に害がない人なのだろうか」ありとあらゆるマイナスな可能性を考えるため、すぐに付き合うことはありません。

行動を起こすことは大切ですが、何も考えずに行動するのは危険。ネガティブな人はあらゆるマイナスな可能性を検討してから行動を起こします。ポジティブな気持ちも大切ですが、プラスの面に目を向けるだけでは見えないことも多いですよね。

ネガティブな人はマイナスな面にもしっかりと目を向けられるので、物事を冷静に判断でき失敗することが少ないのです

マイナス思考だからこそ努力できる

自分のスタイルに自信がない…そんなネガティブな思いから一生懸命運動をする女性

恋人がいない2人の男性がいたとしましょう。ポジティブな男性は「オレはこんなにいい男だし、きっと運命の女性と巡り合える!」と常に前向き。

一方ネガティブな男性は「オレは見た目もパッとしないし、服のセンスもないから一生ひとりかも」とにかく後ろ向き。

「大丈夫」「自分ならいける」ポジティブな考えや自分に自信を持つことは大切です。しかし自分ノマイナスな面に目を向けず、ポジティブなことだけを考えるのは危険。

ネガティブな人は基本的に自分に自信がありません「だぶんダメ」「自分は誰にも受け入れてもらえない」何に対してもマイナスなことばかり。

しかしそのマイナスな考えはプラスに働きます「このままじゃダメだからもっと努力しよう」「一生ひとりにならないようできる限りのことはやってみよう」

ネガティブな人はマイナスな面にしっかり目を向けるからこそ、それを何とかしようと努力できるのです

マイナス思考は隙だらけで親しみやすい

落ち葉の上に腰を下ろし不機嫌そうな顔をしつつも魅力がある女性

いつも明るくキラキラしているポジティブな人は素敵ではありますが「能天気」「周りが見えていない」「近寄りがたい」「一緒にいると疲れる」こんな風に思われてしまうことも。

「ポジティブ=いいこと」と考えている人の中には、無理やりポジティブな気持ちでいようとしている人も少なくありません。人間は本来ネガティブな面も持っているもの。常にポジティブだと不自然ですし、人間味がありません。

一方ネガティブな人は人間味にあふれています。無理やりポジティブになろうとしはいのでマイナスな面も隠しません。そして自分に自信がないため隙だらけで親しみやすいのです。

恐ろしほどポジティブで完璧にものごとをこなす人よりも、時には失敗したり自分に自信がない部分がある人のほうが、一緒にいて落ち着けますし、何かあった時に助けてあげたい気持ちになりませんか?

ネガティブな人には、ポジティブな人にはない親しみやすさが詰まっているのです

マイナス思考を味方にする3つのポイント

ラベンダー畑を幸せそうに手を繋いで歩くカップル

「ポジティブ=いいこと」が一般的なので「ネガティブ=悪いこと」と思って過ごしていたかもしれませんね。

しかし無理やりポジティブ思考になる必要はなく、ありのままで良いのです。ただネガティブでいれば全て良しというわけではありません。マイナス思考を味方にするにはいくつかポイントがあります。

ネガティブ=悪いことと思わない

白い部屋で白い風船のなかに埋もれるいつもネガティブなことばかりを考えて自分を責めてしまう女性

一般的に悪いことと思われがちなネガティブ思考ですが、決して悪いことではありません。まずは頭の中から「ネガティブ=悪いこと」という考えを捨てましょう。

全てにおいてネガティブに考えたり、ネガティブなことをそのままにするだけではプラスにはなりません。

しかしネガティブな考えは「物事をプラスにするキッカケ」や「物事をプラスにするエネルギー」となり、結果的にプラスになることが多いのです

マイナス思考をしっかりと受け止め対処する

ネガティブな考えで落ち込みつつも、原因と対処法を頭の中でめぐらせる男性

ネガティブな人は次々とマイナス思考が浮かびます。それは悪いことではありません。大切なのはそのマイナス思考を無視せず受け止め、対処すること

物事には必ずプラスの面とマイナスな面があります。ネガティブな人はマイナスなことばかりに目を向けてしまいがち。

時にはプラスの面に目を向けることも必要ですが、マイナスな面にしっかりと目を向けられることは強みです。

これからはマイナス思考になった時「これじゃダメだ」で終わらせるのではなく、なぜネガティブな考えが浮かぶのかを真剣に考え、どうすれば良いのかしっかりと受け止める習慣をつけましょう。

ありのままの自分を受け入れる

湖の前に立ち自分自身としっかり向き合う時間を作る男性

人間は不完全なもの。どんなにポジティブな人にもマイナスな面はたくさんありますし、それはネガティブな人も同じです。しかしマイナスな面があるのは悪いことではありません。

ただ常に自分のことをダメだダメだと思っていたら、本当にダメな人間になってしまいます。

ネガティブな自分のことをダメだと思うのではなく「自分にはこんなネガティブな面もある」と認識し、受け入れることが大切です。自分はこういうもの、ありのままで良いと自分自身のことを受け入れてあげましょう。

逆にモテない!?ポジティブシンキングの落とし穴

暗い穴の底から見る青空が広がる明るい出口

人間は本来ネガティブな感情が強い生き物なんだそう。

猛獣の存在、厳しい寒さ、食糧不足、今のように文明が発達していない時代は、人は常にネガティブなことと向き合っていました。それがネガティブな感情が強い原因なのかもしれません。

いつも前向きでキラキラしている人は素敵ですよね。しかしポジティブの押し売りのような人や、前向き過ぎて気持ち悪い人もいませんか?

ポジティブ思考は悪いものではありませんが、間違ったポジティブ思考に陥っている人も多く「ポリアンナ症候群」なるものも存在するほど。

社会的・環境的に大きな問題(ネガティブな問題)に直面していてもその問題を直視できず、明るい側面ばかりに目が行ってしまい満足してしまう–「ポリアンナ症候群」とは、そのような心の病気なのです。

引用: cotree「行き過ぎポジティブ」はキケン?『ポリアンナ症候群』の3つの特徴と対策を解説します

一見全てにおいて良さそうな「ポジティブ思考」しかしそれには大きな落とし穴があるのです。

自分のことが嫌いになる

自分のことが嫌いになり絶望的になって窓辺に座りこむ女性

人間の思考はさまざま。もともとポジティブな性格の人もいますがネガティブな人もいます。そもそもネガティブな考えが全くない人はいません。人は辛いことがあれば落ち込みますし、悲しいことがあれば泣くもの。

しかし「ポジティブはいいこと」「常にポジティブでなければいけない」「ポジティブなら成功する」そんな風に妄信し、無理やりポジティブ思考になろうとすると疲れてしまいます。

常にポジティブでいたいと思っても、ネガティブな考えは浮かんでくるもの。無理やりポジティブになろうとしている時にネガティブな考えが上手ぶと「自分はすぐネガティブになるからダメだ」「今のままではダメだからもっとポジティブにならないと」そんな風に感じてしまう。

そのようなことを繰り返しているうちに、自分に自信が持てなくなり自分のことが嫌いになってしまうのです。さらに無理やりポジティブになっているので、ネガティブな感情を吐き出す場所もなくなり、ストレスがたまる一方。

自分のことが嫌いな状態では、恋愛も上手くいかなくなります。ポジティブになろうとしているのに、自分のこと嫌いになるネガティブな面が育ってしまうというのは皮肉なものですね。

冷静な判断ができなくなる

お花畑に座り白い帽子で視界をさまたげながら蝶と戯れる女の子

大きな問題に直面してもクヨクヨせず、明るく振る舞える人は素敵ですよね。しかしいつも自分の良い面あかりを見て、それに満足してしまうのは大問題。

自分は恵まれている、幸せだ。そう感じるのは悪いことではありませんが、ものごとには常にネガティブな面も存在しています。

たとえば愛していると言われたことはないけれど、男女の関係もあるし毎週会っている状態が1年以上続いている。けれど、友人に紹介してもらったこともないし自宅にも連れて行ってくれない。

冷静に考えると「都合の良いセフレ」「実は相手が既婚者」の可能性もありますよね。しかしポジティブな面だけに目を向けていると、そんな考えには至りません。

常にポジティブであろうとすると、ネガティブな面には目を向けなくなります。その結果、ものごとを冷静に判断できなくなってしまうのです。

問題を解決できず現実逃避に走る

とりあえず嫌なことがあったらお酒を飲んで忘れるバーに集まる現実逃避している人たち

ポジティブでいれば何とかなる!失敗してもポジティブでいれば大丈夫!何か問題が起こってもへこたれず、前向きでいられることは強みでもあります。

しかしただポジティブなだけでは、何も変わりません。その問題に対して、具体的な対策を打たない限り問題は解決しませんよね。

何かに失敗した時は、具体的に何が原因だったのか。何を改善すべきなのか。そのネガティブな部分にきもちんと目を向けないと解決しません。ただひたすらに「ポジティブでいれば大丈夫!」ではネガティブな面に目を向けなくなってしまいます。

本来はネガティブな面にもきちんと目を向け、そこから向上させていくことこそがプラス思考。

ポジティブであろうとするあまり、ネガティブな面を見たりネガティブなことを考えるのは悪いことだと思っていると、現実を直視できず現実逃避に走ることに。これは悪循環でしかありません。

さいごに

真っ暗な海辺でぼんやりとした灯りに照らされながらキスを交わす幸せそうなカップル

今までは「ネガティブ=ダメ・モテない」と考えていたかもしれませんが、ネガティブであることは悪いことではなく、モテる要素もたくさんあります。

ただひたすらネガティブなだけで、何も改善できないのはマイナス。大切なのはネガティブな考えとどう向き合うか。扱い方次第でいくらでもプラスなものに変わりますからね。

あなたがネガティブな性格だったとしても、もう落ち込む必要はありません!ぜひネガティブなマイナス思考を味方につけて、恋愛を成功させてください。

この記事がお役に立ったなら、ぜひ次はあなたの出会いの場でご活用下さい。

こちらから、この記事が気になった方にピッタリな出会いのサービスをお試しいただけます。

日本中みんなPCMAXで出会ってる!!出会い系マッチングサイトPCMAX

関連記事

残念すぎるクリスマスプレゼントを貰いマネキンのように固まる彼女
貰ってドン引き!男性からの残念なクリスマスプレゼント。正解はなに?

本来プレゼントとは貰えたら小躍りしてしまうぐらい嬉しいもののはず。しかし、なぜこのプレゼントをクリスマスに……。とドン引きした女性は少なくありません。男性から貰ってドン引きしたプレゼントとは一体どのようなものか。そして、ふたりの関係をより親密にする正解のクリスマスプレゼントがなにかをお伝えします。

アゴを触りながら横を見るニット帽をかぶった外国人男性
イケメン問わず!女性をキュンとさせる6つのポイント【これがお前らのやり方か】

女性を魅了する男性には共通するポイントがあります。そのポイントは6つだけ。決して多い数字ではありませんよね。たった6つのポイントを理解し行動に移すだけで、どのような男性でも女性をキュンとさせることができます。世の中の女性のハートを掴み、その中から運命の人を見つけたいとおもっている人は必見!

真っ白なシーツの上に寝転がる黒いセクシーな下着を身にまとった女性
抱かれたい男の特徴9選!女性が身を任せたくなる男性に変身しよう

サイトで仲良くなってデートするところまでは行くけど一歩踏み込んだ関係になれない…。そのような悩みを抱える男性がいる一方、いつも難なくゴールまで辿りつける男性もいるわけです。その違いとは何なのか?今回は「抱かれたい男の特徴」について詳しく解説します!ゴールを決められる男性になりたいのならお見逃しなく。

暖炉の前でプレゼント交換をする男女
初めてでも失敗しないクリスマスプレゼントの選び方

恋人にとって一大イベントクリスマス。そして、クリスマスの命運を分けるクリスマスプレゼント。その選び方を間違えてしまうだけで、愛が深まるのかそれとも彼女をがっかりさせてしまうのか。好きな人を喜ばせてあげたいけど、何をプレゼントしたらいいのかお困りの男性へ。ぜひ失敗しないクリスマスプレゼント選びの参考にしてみてください。

やっぱり君が好きだ!と女性の前でひざまづいて告白をする男性
告白して玉砕…そんな時はリベンジ告白!成功する3つの理由とは?

告白してフラれた相手に再度アタックするリベンジ告白。迷惑じゃ?そんなの成功するの?と思う方も多いと思いますが、実は最初の告白よりも二度目の告白のほうが圧倒的に成功率が高いのです!その理由とは?告白を成功させるコツも合わせてご紹介します。フラれてしまった方、好きな人を絶対に落としたい方、恋人が欲しい方は必見です!

自転車に乗ってキスをするカップル
恋愛系朝活のすすめ

早起きが健康に良いというのは有名な話。でもそれだけではなく異性にモテる効果もあるとか…!今回は「早起きのメリット」と「早起きを身につけるコツ」に加え、さらに恋愛力がUPする「オススメ朝活」もご紹介♪早起きが苦手な方もきっと早起きしたくなるはず。恋愛をしたいと思っている方は見逃さないでくださいね。

年末イベントで喧嘩をしてしまって新年早々険悪なカップル
年末年始にケンカしたカップル必見!新年を楽しく過ごす仲直り術!

クリスマスに大晦日、そしてお正月。カップルにとっては意識してしまう特別なイベントが続きましたね。楽しみにしていたにも関わらずケンカをしてしまって新年早々険悪になってしまってお困りのカップルのみなさんへ。今回は一日も早く仲直りする秘訣をご紹介します!ぜひ参考にしてみてくださいね!

そっぽを向くカップル
恋愛を長続きさせる為に気を付けたいポイント5選【基本編】

順風満帆にお付き合いを継続していくには恋人同士にとって基本ともいえる5つの行動を疎かにしないというのがポイント。この5つの行動は恋人同士だけに限らず、人間関係の全てに有効なコミュニケーション方法としてお役立ていただけるので、ぜひお伝えする情報を参考にし活用してみてください!!

退屈そうに項垂れる女性
女子必見!~ワンランク上の私になる3つのステップ

理想と現実のギャップを目の当たりにしてしまうと誰でも寂しい気持ちになってしまいますよね。理想の自分に近づくために必要なのは自分磨き。今回はそんな自分磨きをたったの3ステップにまとめてみました。理想的な男性とお付き合いするために、魅力的な女性になる。無理のない努力で理想の自分を手に入れてしまいましょう!

クルクルヘアのフードをかぶった目の大きな女の子
こじらせ女子の特徴と落とし方

最近急増していると言われる「こじらせ女子」彼女達は恋愛が苦手なことで有名です。なぜか彼氏ができない…。気になる女性との距離を縮められない…。もしかするとそれはこじらせ女子が原因なのかも!こじらせ女子チェックができる「10の特徴」そしてこじらせ女子を落とす「ポイント5つ」をご紹介します。こじらせ女子を攻略すれば幸せが訪れるかも!

無料会員登録
日本最大級の出会い系サイトPCMAXが、 出会いに繋がる多彩なコンテンツで あなたに新しい出会いをお届けします♪